映画『イップ・マン 完結』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『イップ・マン 完結』を観ました。
レンタルDVDででの鑑賞です。

『イップ・マン 序章』(2008)
『イップ・マン 葉問』(2010)
『イップ・マン 継承』(2015)
『イップ・マン 完結』(2019)

『イップ・マン』シリースは計四作あり、順番にすべて観ております。始まりは何気なく観たシリーズ第一作目の「序章」でしたが、それがとても面白く記憶に残りました(ちょっと日本軍人がちょっと嫌なかたちで出てきますが、そこは映画だと割り切って観ましょう)。それからはAmazonプライムビデオで探し回り、「葉問」と「継承」を観ました。ただ、今作の「完結」は今までの作品と比べると、今一つだったように感じられました。とは言え、このシリーズがもう観られないと思うと、寂しい思い出いっぱいです。

★★★☆☆

作品概要

監督はウィルソン・イップ。
脚本はエドモンド・ウォン。
製作はレイモンド・ウォン。
主演はドニー・イェン、その他出演者にウー・ユエ、ヴァネス・ウー、チャン・クォックワンほか。

2019年の香港映画です。あのブルース・リーの師匠と言われる武術家葉問(イップ・マン)を主人公としたシリーズ4作目のカンフー映画です。日本公開は2020年7月3日。

作品の紹介・あらすじ

解説
ブルース・リーの師匠だった武術家イップ・マンを主人公にしたアクション『イップ・マン』シリーズの完結編。サンフランシスコに渡ったイップ・マンの戦いが描かれる。第1作から監督を務めるウィルソン・イップが本作でも続投。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などのドニー・イェンのほか、スコット・アドキンス、チャン・クォックワンらが出演する。

あらすじ
1964年、愛する妻と死別したイップ・マン(ドニー・イェン)は、アメリカで暮らしているまな弟子のブルース・リーから招待され、息子と一緒にサンフランシスコに行く。イップ・マンは詠春拳の道場を開いたブルース・リーと再会するが、道場がチャイナタウンとアメリカ海軍の対立に巻き込まれてしまう。
*まえつね注:息子と一緒にアメリカには行ってませんでした。

シネマトゥデイ

感想・その他

この画像の女性は、ドニー・イェン演じるイップ・マンの奥さん役をしていたリン・ホンという、香港を拠点に活動する中国出身のファッションモデル・女優さんです。この方が本当にきれいで、見ているだけでもドキドキしてしまいます。私的には有名なチャン・ツィイーさんより断然好みです。今作では出演しておらず、それが残念で仕方ありませんでした。

身長はなんと179㎝とのことで、主演のドニー・イェンさんよりも6㎝も背が高いのです。三作目の「継承」で二人がダンスを踊る場面は、とても悲しくて感動的でした。ひっしに涙をこらえている私の頭の中では、ユーミンの歌「5cmの向う岸」の歌詞がリフレインしていました。

さよならは混んでたディスコ
はじめてで最後のチークタイム
あのひとのおでこの上で
いつまでも鼻をすすった
あの日のダンス本物だったね

コメント