映画『ある戦争』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『ある戦争』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

この映画はアフガニスタン紛争を扱った戦争映画でありますが、本質的には戦争映画ではありません。下した判断によって本国で裁かれることになった軍人の話です。前半はアフガニスタンでの戦闘活動、後半は本国デンマークでの裁判シーンとなります。どちらかというと後半の裁判シーンの方が緊張感があります。とても考えさせられる映画でした。

★★★★☆

作品概要

監督・脚本はトビアス・リンホルム。
製作はロバート・F・ニューマイヤー、ジェフリー・シルバー。
製作総指揮はヘンリク・ツェイン、レナ・ハウゴートほか。
出演者はピルー・アスベック、ツヴァ・ノヴォトニー、ソーレン・マリンほか。

2015年のデンマークのドラマ映画です。アフガニスタンに派兵させたデンマーク軍の物語で、とある中隊の指揮官が戦争犯罪人として裁判にかけられるさまを描いています。

作品の紹介・あらすじ

解説
『光のほうへ』『偽りなき者』などの脚本で知られるトビアス・リンホルムがメガホンを取り、第88回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたデンマークの戦争ドラマ。死と隣り合わせの中で部下を守るため、誤って民間人の命を奪ってしまった兵士の葛藤と家族の絆を、アフガニスタンの紛争地域と法廷を舞台に描く。苦悩する主人公を、リンホルム監督作『シージャック』などのピルー・アスベックが熱演。

あらすじ
アフガニスタンの平和を維持すべく駐留するデンマーク軍の部隊長クラウス(ピルー・アスベック)は、母国に妻子を残し日々命懸けの任務に当たっていた。ある日パトロール中にタリバンの襲撃を受け、彼は発砲場所と考えられる地区への空爆命令を下すが、実際には民間人しかいなかった。クラウスは帰国後、子供を含む民間人11人を死亡させたことで軍法会議にかけられるが……。

シネマトゥデイ

感想・その他

この映画を観て驚いたのが、デンマークがアフガニスタンに派兵していたということです。調べてみると国際治安支援部隊には、なんと43カ国が参加していたそうです。その中でもデンマークは690名を派兵していました。日本はもちろん派兵していませんが、財政支援というカタチで参加していました。国際治安支援部隊は2001年から2014年の13年間で任務を終えました。それ以降は、「確固たる支援任務」が行われたようです。またデンマークには、18歳から32歳までの男子には徴兵制度あり、兵役期間は4か月間です。

デンマークという国は、知っているようでよく知らない国です。場所もしっかりとは答えられません。これも調べてみるとスカンディナヴィア半島の下、ドイツの北となります。ユトランド半島と、多くの島々からなる北欧の国ということです。人口は580万人、自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成しています。

そんなデンマークのことを知ってからこの映画を観てみるのが、良いかもしれません。

映画の最後は、主人公の最悪の事態(自殺)を考えました。それはありませんでしたが、それを匂わせるようなエンディングではありました。


ある戦争 [DVD]

コメント