スポンサーリンク

映画『イコライザー2』のあらすじ・感想など

映画

 

映画『イコライザー2』を観ました。
レンタルビデオでの鑑賞です。
監督はアントワーン・フークア、脚本はリチャード・ウェンク。
製作はトッド・ブラック他。
出演はデンゼル・ワシントンです。
2018年制作のアメリカ映画です。

あらすじ
元CIAの凄腕エージェント、ロバート・マッコールはマサチューセッツ州のアパートでひっそりと暮らしていた。タクシー運転手として生計を立てていたマッコールだが、旧友のスーザン・プラマーからも少額の援助を受けていた。そんなある日、マッコールは顧客のサム・ルビンスタインが生き別れになった姉を探していることを知った。マッコールはスーザンの協力の下、ルビンスタインの姉捜しをこっそり手伝うことにした。その後、マッコールはひょんなことから同じアパートに暮らすマイルズ・ウィテカーと知己になった。ウィテカーには芸術の才能があったが、複雑な事情を抱えているようであった。ある日、スーザンはブリュッセルで発生した殺人事件の捜査を担当することになった。その事件の現場では自殺に見せかける工作が為されていた。スーザンはCIAのエージェントでマッコールのかつての同僚でもあったデイブ・ヨークと一緒に捜査を担当することになったが、現場を調べた後、ホテルに戻ったスーザンは何者かに殺害されてしまった。

マッコールはスーザン死亡の件を聞くとヨークと接触し、スーザンを殺した相手に報復するため、スーザンの遺品である携帯電話の暗号解読を依頼する。そうしているうちにマッコールは乗客を装って車内に乗り込んできた殺し屋に命を狙われる。殺し屋を撃退することに成功したマッコールは殺し屋がもっていた携帯電話から自分に殺し屋を差し向けたのも、スーザンを殺害したのもヨークだったことを突き止める。スーザンが殺されたのはヨークがブリュッセルの事件に関与していることを突き止めたためであった。ヨークはマッコールはかつての仲間たちであるレズニック、アリ、コヴァックと協力して金のために汚れ仕事を請け負っていたのである。その後、ヨークとコヴァックはマッコールのアパートを襲撃したが、そこにいたのはマイルズであった。ヨークはマイルズを人質に取り、マッコールが向かったと思われる場所に急行する。

折悪く、マサチューセッツ州にハリケーンが接近しており、マッコールの生まれ故郷にも避難命令が出ていた。マッコールはそれを逆に好機とみなし、ヨークたちを人気のない町に誘い出して決戦を挑むことにした。レズニック、アリ、コヴァックと仕留めたマッコールは最後にヨークに復讐を果たし、無事にマイルズを助け出す。ウィテカーは無事学校に通うようになり、マッコールをモデルとするスーパーヒーロの脚本を書く。ルビンスタインは無事に姉と再会を果たす。マッコールは生まれ故郷の邸宅で海を眺めながら亡くなった妻を想う。
Wikipedia(イコライザー2)

『イコライザー』がとても面白かったので、Amazonプライムで無料で観られるまで我慢できませんでした。
久しぶりにレンタルビデオ屋さんに行って借りました。
行けばついつい他のも借りちゃいます。
5本で1000円なので無理やり5本借りますが、1本だけなら350円なんですよね。
どうしても観たいのが他にあれば別ですが、無理に借りることはないですね。
650円を余分に払わないといけないんだから・・・。

さて、『イコライザー2』。
監督も同じで、続編として面白さが倍増しているのか。
とても面白い、面白いんですが・・・。
とても楽しみにしていただけに、期待が異常に膨らんでしまったからなのか。
なにか期待していたものと違うんですよね。
最後の悪人退治が元上官(スーザン)の復讐だったため、なんとなく虚しさを感じたのかな・・・。
前作は思いっきりスカッとしましたからね。

それにしてもなんと言ってもデンゼル・ワシントン。
彼はもう還暦をとうに越している年齢。
それでもあのアクション。
まだまだシリーズ化しても大丈夫そうです。

★★★★☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました