映画『タイムリミット 見知らぬ影』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『タイムリミット 見知らぬ影』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

クルマに仕掛けられた爆弾により、車内から出られなくなり、犯人の要求に従うしかなくなった父子の運命は…。映画のほとんどが社内の親子の映像ですが、緊迫感がひしひしと伝わってきました。徐々に緊迫感が増していくストーリーで、なかなか面白かったです。

★★★☆☆

作品概要

監督・脚本はクリスティアン・アルヴァルト。
原作はアルベルト・マリーニのオリジナル脚本。
製作はジークフリート・カムル、クリスティアン・アルヴァルト、ティム・オーバーヴェラント。
製作総指揮はトマス・ヴァイマル、ヨナタン・ザウバッハ。
主演はヴォータン・ヴィルケ・メーリング、その他出演者にハンナー・ヘルツシュプルンク、クリスティアーネ・パウルほか。

2018年のドイツのアクション・スリラー映画です。。2015年のスペインのスリラー映画『El desconocido』のリメイク作品です。

作品の紹介・あらすじ

解説
『パンドラム』などのクリスティアン・アルヴァルトが監督と脚本を手掛けるサスペンス。ベルリンの街を背景に、脅迫者から理不尽な要求を突きつけられる主人公の姿を描く。『ピエロがお前を嘲笑う』などのヴォータン・ヴィルケ・メーリングが主人公を演じ、『4分間のピアニスト』などのハンナー・ヘルツシュプルンクらが共演。爆弾という脅威で主人公に迫る犯人との慌ただしく変化する状況を描写する。

あらすじ
ベルリンの不動産会社に勤めるカール(ヴォータン・ヴィルケ・メーリング)は、大きな建築計画に携わっていた。ある月曜日の朝、彼は娘ヨゼフィーネと息子マリウスを車の後部座席に乗せて学校へ送って行く途中で、見知らぬ男性から脅迫電話を受ける。脅迫者はカールたちが座席を離れると爆発が起きる特殊な爆弾を車に仕掛けたと話し、大金を要求する。

シネマトゥデイ

感想・その他

この映画に出てくる現地対応の警察の指揮官が、単純な思考回路を持った笑わせるほどの無能な人間でした。まあ、映画等ではよくあるの設定のエライさんです。そんな警察の対応によって、主人公たちをより一層危機に追い込んでしまいます。そんな無能な人物がいることによって、映画としてはハラハラ・ドキドキ感が増すのは分かりますが、度が過ぎるほどの間抜け度は映画を陳腐にさせいただけません。

「あっ、助けないんだ…」と感じた最後のシーン。日本人の感覚とは違うんだなぁと思いました。日本人ならちょっと意外だと思うかもしれません。


タイムリミット 見知らぬ影 [DVD]

コメント