映画『トゥモロー・ウォー』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『トゥモロー・ウォー』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

出演者も誰一人知らないし、そこはかとなく漂うB級臭…。しかし、やたらとAmazonプライムビデオのトップ画面に出てくるので、試しに観てみました(この記事を書くにあたって、主演のクリス・プラットは『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に出演していることを知りました)。タイムトラベル物はよくありますが、未来のために現代人が未来に行って闘うというのは、なかなか斬新でした。

★★★☆☆

作品概要

監督はクリス・マッケイ。
脚本はザック・ディーン。
製作はデビッド・エリソン、ダナ・ゴールドバーグ、ドン・グレンジャーほか。
製作総指揮はロブ・コーワン、クリス・プラット、ブライアン・オリバーほか。
主演はクリス・プラット、その他出演者にイボンヌ・ストラホフスキー、J・K・シモンズほか。

2021年製作のアメリカのSFアクション映画です。

監督は『レゴバットマン ザ・ムービー』のクリス・マッケイ。主演はクリス・プラットで、元軍人で高校教師のダン・フォレスターを演じ、娘の未来を救うため、30年後の異星人との戦いに挑むSFアクション映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
地球を脅かすエイリアンと人類のバトルを描くSFアクション。タイムトラベラーたちによって、人類滅亡の危機を知らされた人々が、世界を救うために立ち上がる。『レゴバットマン ザ・ムービー』などのクリス・マッケイが監督を手掛け、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズなどのクリス・プラットが主人公の高校教師を演じ、『アイ・フランケンシュタイン』などのイヴォンヌ・ストラホフスキー、ドラマシリーズ「GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」などのベティ・ギルピンらが共演する。

あらすじ
2051年から現代にやって来たタイムトラベラーグループにより、30年後に人類は未知の生物との戦争に敗北するという緊急メッセージが伝えられる。人類が生き残る唯一の方法は、現代に生きる兵士と民間人を未来に送り、戦いに加わることだった。幼い娘を持つ高校教師のダン・フォレスター(クリス・プラット)は、娘の未来のために戦う決意をする。

シネマトゥデイ

感想・その他

この作品は、パラマウント映画によって2020年12月25日に劇場公開予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の流行により断念されたため、配給権はAmazonに売却されたという経緯があります。Amazonオリジナル作品と言えども(Amazonオリジナル作品のクオリティの高さは、ドラマの方でよく知っていますが…)、実際のところはちゃんとした映画だった訳です。

そんな『トゥモロー・ウォー』には、ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』シリーズに出演していたクロエ・オブライエン役のメアリー・リン・ライスカブが出演していました。なんか重要な役どころと思いきや、割と早めに退場してしまい、彼女が好きな私としてはかなりがっかりしてしまいました。

コメント