映画『黒い司法 0%からの奇跡』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『黒い司法 0%からの奇跡』を観ました。
Amazonビデオでレンタルして鑑賞しました。

冤罪の死刑囚たちのために闘う弁護士ブライアン・スティーブンソンの実話です。人種差別と闘って起こした奇跡に涙しました。司法の場でも起こる人種差別という公明正大なき裁判。無実の罪とどうやって戦えばいいのか。

★★★★★

作品概要

監督・脚本はデスティン・ダニエル・クレットン。
原作はブライアン・スティーヴンソンの『黒い司法 黒人死刑大国アメリカの冤罪と闘う』(亜紀書房)。
製作はギル・ネッター、アッシャー・ゴールドスタイン。
製作総指揮はマイケル・B・ジョーダン、マイク・ドレイクほか。
主演はマイケル・B・ジョーダン、その他出演者にジェイミー・フォックス、ブリー・ラーソンほか。

2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画です。

監督は『ショート・ターム』『ガラスの城の約束』のデスティン・ダニエル・クレットン。弁護士ブライアンを演じるのはマイケル・B・ジョーダン、ブライアンが弁護する被告人ウォルター役にはオスカー俳優のジェイミー・フォックス、ブライアンとともに法律事務所で働くエバ役をブリー・ラーソンが演じています。

作品の紹介・あらすじ

解説
えん罪で死刑宣告された被告人の容疑を晴らそうとする弁護士の奮闘を描いた人間ドラマ。ブライアン・スティーヴンソンのノンフィクションを、『ショート・ターム』などのデスティン・ダニエル・クレットン監督が映画化した。主人公を『クリード』シリーズなどのマイケル・B・ジョーダン、死刑囚を『ジャンゴ 繋がれざる者』などのジェイミー・フォックス、主人公の協力者を『ルーム』などのブリー・ラーソンが演じる。

あらすじ
黒人に対する差別が横行している1980年代のアラバマ州。黒人の被告人ウォルター(ジェイミー・フォックス)は、身に覚えのない罪で死刑を宣告されてしまう。新人弁護士のブライアン(マイケル・B・ジョーダン)は、彼の無実を証明するために奔走するが、陪審員は白人で、証言は仕組まれ、証人や弁護士たちは脅迫されていた。

シネマトゥデイ

感想・その他

ずっと観てみたいと思っていた作品ですが、レンタル屋さんでも見つからず、Amazonでは500円ほどしたので我慢していました。ところが先日Amazonビデオを覗いてみると100円になっていたので、レタンタルしました。

実話であるこの物語の舞台は、1980年代の黒人差別の激しいアメリカ南部のアラバマ州です。同じように黒人差別を扱った『グリーンブック』では、1960年代と言うアフリカ系アメリカ人にとってはまだまだ暗黒の時代でした。それより20年も経った80年代でも、この映画のような有様で、さらに言えば2020年代の現在さえも、黒人差別・人種差別は無くなっていない現状です。

私が黒人差別・人種差別というのを知ったのは、ドラマ『ROOTS/ルーツ』でした。このドラマは、作家アレックス・ヘイリーの家系の祖であるクンタ・キンテから始まる一族の黒人奴隷の物語です。日本での放送は1977年(私13歳)とのことですが、40年以上経っても「クンタ・キンテ」という主人公の名前はすぐに出てきます。そもそもこのドラマでも描かれた「黒人奴隷時代」という歴史が、それ以降の白人の潜在意識の中に刷り込まれてしまっており、100年経ってもなかなか差別意識が無くならない要因なのではないでしょうか。


黒い司法 0%からの奇跡 ブルーレイ&DVDセット

コメント