映画『キングダム/見えざる敵』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『キングダム/見えざる敵』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

実のところ、観出してすぐに一度観たことのある映画だと気付きました。しかし、どういうエンディングだったのかも思い出せず、最後まで観てしまいました。中盤以降のアクションは見物です。

★★★☆☆

作品概要

監督はピーター・バーグ。
脚本はマシュー・マイケル・カーナハン。
製作はマイケル・マン、スコット・ステューバー。
製作総指揮はサラ・オーブリー、ジョン・キャメロンほか。
主演はジェイミー・フォックス、その他出演者にジェニファー・ガーナー、クリス・クーパーほか。

2007年公開のアメリカのサスペンス映画です。

絶対君主制の王国サウジアラビア(キングダム)を舞台にした、テロをテーマに復讐の連鎖を描くサスペンス・アクション映画です。監督は映画『コラテラル』にも出演し、俳優としても活躍するピーター・バーグです。

作品の紹介・あらすじ

解説
4人のFBI捜査官が自爆テロ事件捜査のため、サウジアラビアに乗り込んで行く社会派アクション。FBIのスペシャリストたちがタイムリミットは5日という極限状態の中、地元警察と激しい攻防を繰り広げる。主演はオスカー俳優のジェイミー・フォックス。共演者も『カポーティ』のクリス・クーパーや『エレクトラ』のジェニファー・ガーナーら実力派ぞろい。手持ちカメラを駆使したドキュメンタリータッチの映像は必見。

あらすじ
父母参観日に出席中のFBI捜査官ロナルド(ジェイミー・フォックス)の元に、サウジアラビアで自爆テロ事件が発生したと知らせが入る。彼は法医学調査官のジャネット(ジェニファー・ガーナー)や、爆発物専門家のグラント(クリス・クーパー)らとともに事件の調査を開始。しかし、FBIの捜査を拒むサウジ政府との交渉は難航し……。

シネマトゥデイ

感想・その他

この映画では、サウジアラビアの首都リヤドで発生した外国人居住区爆破事件を調査するため、現地に赴いたFBI捜査官たちの戦いを描いています。最初に違和感があったのは捜査官がFBIだったこと。FBIは連邦捜査官と言われるように、勝手にアメリカ国内だけをカバーする組織だと思っていました。ところがFBIは、海外での米国人保護や、海外にまたがる事件の捜査も行っているということなので、この映画のように、海外に行って捜査を行うこともあるんでしょう。勉強になりました。

映画の最初にアメリカ側、最後にイスラム過激派側から「皆殺」という復讐の言葉を聞くことになります。憎しみが憎しみを生むという負の連鎖。実世界では、真に分かり合える日が来ることを願いたいです。

ところでこの映画の監督はピーター・バークですが、私は彼の作品をよく観ていることに気付きました。例えば『マイル22』、『ウインド・リバー』、『パトリオット・デイ』、『バーニング・オーシャン』、『バトルシップ』など。Amazonプライムで観られるということもあったのでしょうが、彼の作品は私の好みとマッチしているんだろうと思いました。


キングダム/見えざる敵 [DVD]

コメント