映画『ガール・オン・ザ・トレイン』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『ガール・オン・ザ・トレイン』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

人妻の失踪から遺体発見という事件の犯人は終盤まで分からず、それらしき情報が出てきたところからは怒涛の展開でした。しかし、謎解きと言う点では満足がいくものの、この映画にふさわしいエンディングでなく、少し物足りなさを感じました。

★★★☆☆

作品概要

監督はテイト・テイラー。
原作はポーラ・ホーキンズの同名小説。
脚本はエリン・クレシダ・ウィルソン。
製作はマーク・プラット。
製作総指揮はジャレッド・ルボフ、セリア・コスタス。
主演はエミリー・ブラント、その他出演者にレベッカ・ファーガソン、ヘイリー・ベネット他。

2016年制作、アメリカのスリラー映画です。

世界中でベストセラーとなった同名のミステリー小説を、『プラダを着た悪魔』、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のエミリー・ブラントが主演し、監督は俳優でもあるテイト・テイラーがメガホンを取りました。

作品の紹介・あらすじ

解説
ポーラ・ホーキンズの小説を基にしたミステリー。通勤電車の窓から人妻の不倫現場を目撃したのを機に、殺人事件に巻き込まれる女性の姿を追う。メガホンを取るのは、『ジェームス・ブラウン ~最高の魂(ソウル)を持つ男~』などのテイト・テイラー。『プラダを着た悪魔』などのエミリー・ブラント、『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』などのレベッカ・ファーガソンらが集結する。待ち受ける衝撃のラストに息をのむ。

あらすじ
夫トム(ジャスティン・セロー)と離婚し、深い悲しみに沈むレイチェル(エミリー・ブラント)。そんな彼女を慰めるのが、かつてトムと暮らしていた家の近所に住む夫婦の仲むつまじい姿だった。通勤電車の窓から二人を眺めてはトムと過ごした日々を思い出す彼女だったが、その夫婦の妻が不倫にふけっている現場を目撃する。次の日、電車を降りて彼らの様子を確かめようとするが、不意に記憶を失ってしまう。やがて自分の部屋で大けがを負った状態で目を覚ましたレイチェルは、その人妻が死体で発見されたのを知るが……。

シネマトゥデイ

感想・その他

主演のエミリー・ブラントはなにかで観ているはずですが、まったく思い出せないまま観終えてしまいました。早速調べてみると、私が観た中では映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』、最近では『ボーダーライン』でした。配偶者はテレビドラマ『ジャック・ライアン』のジョン・クラシンスキーでした。

メインの出演女性のあと二人、レベッカ・ファーガソンとヘイリー・ベネットについて。レベッカ・ファーガソンはトム・クルーズのミッション:インポッシブルシリーズに出演しています。しかし、私の頭の中にはまったく記憶に残っていませんでした。一番キレイ系な顔立ちなんですが、あまり特徴がないんですよね。それに比べてヘイリー・ベネットは、特徴のある顔立ちで印象に残ります。たまたま最近再観した『イコライザー』にも出演していたので、「ああっ、イコライザーの人だ」とすぐに分かりました。

曇りがちなイギリスの天候が映像に反映され、心を病んでいる登場人物たちが、より一層暗く陰鬱に感じられます。観終わって思い出しても、青空というのが映し出されたシーンが思い浮かびません。


ガール・オン・ザ・トレイン [DVD]

コメント