映画『ラストミッション』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『ラストミッション』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

評価は★三つとしましたが、コミカルなシーンも多く結構楽しめました。この映画は、どちらかと言うとスパイアクション映画というより家族愛映画かな。ケビン・コスナーの乱闘(人を殴る)シーンは独特で、すごく力強さを感じました。

★★★☆☆

作品概要

監督はマックG。
脚本・原案はリュック・ベッソン。
製作はアディ・ハサックほか。
主演はケビン・コスナー、その他出演者にはアンバー・ハード、コニー・ニールセンほか。

2014年制作のアメリカのアクション映画です。

監督は『ターミネーター4』などのマックGが務め、主演の病に倒れた腕利きCIAエージェント役には、映画『アンタッチャブル』のケヴィン・コスナーが務めています。原案・脚本を担当するのは、あの数多くのヒット作を出してきたリュック・ベッソン。

作品の紹介・あらすじ

解説
『ターミネーター4』などのマックGが監督を務め、『ダンス・ウィズ・ウルブズ』などのケヴィン・コスナーを主演に迎えたアクション。病に倒れた腕利きCIAエージェントが、パリを舞台に極悪非道なテロリストとの最後の戦いに挑む姿を活写する。脚本を担当するのは、数多くのヒット作に携ってきたリュック・ベッソンら。ケヴィンのいぶし銀の熱演が光る主人公の姿に心打たれる。

あらすじ
余命わずかだと言い渡されたCIAエージェントイーサン(ケヴィン・コスナー)は、残された人生を家族と共に過ごすためパリへと向かう。長い間家庭をおろそかにしてきた彼は、難しい年頃の娘ゾーイ(ヘイリー・スタインフェルド)との仲もぎくしゃくしていた。そんな折、CIAエージェントのヴィヴィ(アンバー・ハード)が、イーサンに最後のミッションのオファーをしに来るが……。

シネマトゥデイ

感想・その他

ケビン・コスナーと言えば『アンタッチャブル』です。すごくハンサムな俳優さんが出てきたもんだと思いました。その後の『ボディーガード』はめずらしく映画館で観て、ビデオ等でも何回も観たもんです。そして、『ダンス・ウィズ・ウルブズ』や『パーフェクト・ワールド』はまあまあでしょうか。しかし、すべてを観ている訳ではありませんが、いくつかの作品を観て私が感じ、思ったのは「残念な俳優」だということです。それは、出演作品に恵まれていないということです。

私が映画館で観た『ティン・カップ』や『メッセージ・イン・ア・ボトル』なんかは最悪でしたね。それ以来、彼の作品は観なくなりました。とは言え、さすがにトップスターなケビン・コスナー。この歳になっても、毎年なんらかの映画に出演しています。この2014年制作の『ラストミッション』を観て、ちょっとだけ考えを改め、最近の他の作品も観てみようと思うようになりました。


ラストミッション スペシャル・プライス

コメント