映画『ミッドウェイ 運命の海』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『ミッドウェイ 運命の海』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

いやもうてっきり豊川悦司が出演しているローランド・エメリッヒ監督の『ミッドウェイ』だと思ってました。DVDを再生した時のメニューに表示された「絵」(アイキャッチ画像参照)を見て「あれっ?」と思いつつ、本編を再生してみると、いきなり日本の空母が撃沈される場面から始まり、やはりなんだか可笑しいなと…。戦争映画好きな私のために嫁さんが借りてきてくれましたが、私が勝手に勘違いしただけで、ローランド・エメリッヒ監督の『ミッドウェイ』はそもそも映画が公開されたばかりで、DVDの発売などまだされていませんでした。

戦争映画のようで戦争映画でない、海洋漂流モノとでも言いましょうか…。

★☆☆☆☆

作品概要

監督はマイク・フィリップス。
脚本はアダム・クライン。
製作はマイク・フィリップス、 アダム・クレイン、 ジェイソン・ニューフィールド。
出演はジャド・ネルソン、C・トーマス・ハウエル他。

海上に不時着した急降下爆撃機(ドーントレス)の乗組員の運命は如何に…。2019年制作のアメリカの戦争アクション映画(?)です。

作品の紹介・あらすじ

解説
太平洋戦争のその後の情勢に大きな影響を及ぼしたとされるミッドウェイ海戦を題材にした戦争ドラマ。海に不時着したアメリカ軍パイロットたちと救助部隊の姿を描く。メガホンを取るのは、VFXにも携ってきた『FLYING FORTRESS フライング・フォートレス』などのマイク・フィリップス。『タワー・オブ・ザ・デッド』などのジャド・ネルソン、『ハンティング・ゲーム』などのC・トーマス・ハウエルのほか、ジェイド・ワイリーらが出演する。

あらすじ
日本軍が真珠湾を攻撃してから半年後、アメリカ軍と日本軍がミッドウェイで激突。空母エンタープライズからアメリカ軍の急降下爆撃機隊が発艦し、日本軍艦隊・空母の加賀、蒼龍、赤城を次々と攻撃する。ところが、ノーマンが操縦していたドーントレス爆撃機が零戦の猛反撃を受け海に不時着してしまう。漂流するノーマンと副操縦士リーを救い出そうとベネットら救助部隊が動き出すが、敵機が飛び交っていた。

シネマトゥデイ


感想・その他

日本艦隊を攻撃した後に、艦隊護衛の零戦に攻撃され、救難信号発信の後に海上に不時着した急降下爆撃機ドーントレスの搭乗員二人。ここまでは実話のようで、それは映画の最後で分かります。映画は、その後の二人の海上での救助を待つ漂流シーンが最後まで続きます。

映画から、当時のアメリカの爆撃機(二人乗り)は救命キットや救命筏を積んでいたのが分かりました(映画では救命キットを出す前に、飛行機が沈んでしまいました)。日本とは違いアメリカは搭乗員を大切にするなと思いましたが、調べると当時の日本の攻撃機や戦闘機にも、救命キットや救命筏を積んでいたのを知りました。零戦のパラシュートは座席のクッションにもなっていたそうで、長駆しての出撃ではその上で小便をするので使い物にならなかったし必要ない、と以前読んだ本に書いてあった記憶があります。当時の日本人搭乗員にとっては、「救命」は無用なモノと感じていたんでしょうね。

話は逸れましたが、海に2,3日も体一つで漂っているってどんな気持ちになるんでしょうね。気力を無くした主人公は拳銃で自殺しようとしますが、幸か不幸か銃弾は発射されませんでした。幸運だったのでしょう、その後に救命飛行艇に発見されます。安堵した我々視聴者はその矢先に…。


ミッドウェイ 運命の海

コメント

タイトルとURLをコピーしました