スポンサーリンク

映画『家族を想うとき』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『家族を想うとき』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

他の映画で観たDVDの予告で知った映画です。とても良さそうなので借りてみました。
これでもかこれでもかと、不幸・試練が降りかかる主人公の家族。感情移入した我々視聴者に、積もりに積もったうっ憤をどう晴らしてくれるのか。一発逆転のスカッとしたエンディングを期待していましたが、そんな都合の良い結末は迎えず、どんよりとした暗くて辛い気持ちにさせたまま映画は終わります。

★★★★☆

作品概要

監督はケン・ローチ。
脚本はポール・ラヴァーティ。
制作はレベッカ・オブライエン。
出演はクリス・ヒッチェン、デビー・ハニーウッド他。

2019年のイギリス・フランス・ベルギーのドラマ映画です。ワールド・プレミアは2019年5月16日に第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で行われ、パルム・ドールを争いました。

作品の紹介・あらすじ

解説
『麦の穂をゆらす風』『わたしは、ダニエル・ブレイク』などのケン・ローチ監督が、働き方の変化と時代に振り回される家族の姿を描いたヒューマンドラマ。イギリスのニューカッスルを舞台に、懸命に生きる家族の絆を映し出す。クリス・ヒッチェン、デビー・ハニーウッド、リス・ストーンらが出演する。脚本は『天使の分け前』『エリックを探して』などローチ監督作を担当してきたポール・ラヴァティ。

あらすじ
マイホームを持ちたいと考えている父のリッキーは、フランチャイズの宅配ドライバーとして独立する。母のアビーは、介護士として働いていた。夫婦は家族の幸せのために働く一方で子供たちと一緒に居る時間は少なくなり、高校生のセブと小学生のライザ・ジェーンはさみしさを募らせていた。ある日、リッキーが事件に巻き込まれる。

シネマトゥデイ


感想・その他

「家族を想うとき」という題名。映画の最後、家族を想うあまりの父親の暴走気味の行動に、今まで反抗的な態度をとってきた長男は、その父親を想ってこそ、その行為を止めようとします。心温まる「家族愛」となるはずですが、その「家族を想う」が家族間で空回りしてしまいます。

どんなに真面目に頑張っても、一つ歯車が狂うと、一気に崩れ去る平穏な生活。不安定な社会で暮らす我々にも、いつ起こるか分からないこの不安感。今現在で言えば、コロナ禍です。失業や収入減など、まさにいつ自分にも降りかかるか分かりません。貧困や格差社会は、もうすでに日本でも始まっています。昭和末期の国民皆中流階級なんて言われていた時代は、もう遠い遠い昔です。


Amazon

コメント

タイトルとURLをコピーしました