スポンサーリンク

映画『ザ・ビースト』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『ザ・ビースト』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

外れも多いニコラス・ケイジ作品にしては、まあまあ楽しめた映画でした。ホワイトジャガーのCG処理が、興ざめするほど安っぽい感じで残念でした。舞台となる船内で、ホワイトジャガーが逃げ出した時点で、この映画の結末を予想できてしまいました。

96分間、何も考えず頭空っぽにして楽しめる作品、ちょっと甘めの3点です。

★★★☆☆

作品概要

監督はニコラス・パウエル。
脚本はリチャード・レダー。
制作はボビー・ランゲロフ、ブレット・サクソン他。
出演はニコラス・ケイジ、ファムケ・ヤンセン、ケビン・デュランド他。
2019年制作のアメリカ合衆国のアクション映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
ニコラス・ケイジが猛獣ハンターを演じたアクションサスペンス。主人公がテロリストやおりから放たれた猛獣を相手に死闘を繰り広げる。メガホンを取るのは『ザ・レジェンド』などのニコラス・パウエル。『X-MEN』シリーズなどのファムケ・ヤンセン、ドラマシリーズ「ストレイン」などのケヴィン・デュランドのほか、マイケル・インペリオリ、ラモニカ・ギャレットらが共演する。

あらすじ
ブラジルの密林で稀少なホワイトジャガーを捕獲したフランクは、貨物船のミマー号に乗り込みプエルトリコに向かう。この船の独房には、アメリカ情報部に逮捕されたテロリストのラフラーが収監されていた。ミマー号がカリブ海を航行する中、ラフラーが監視員を殺害して逃亡しホワイトジャガーやアナコンダのおりを破壊してしまう。フランクは医者のエレンと一緒に、元特殊部隊の暗殺者だったラフラーとどう猛なホワイトジャガーに挑む。

シネマトゥデイ


感想・その他

役作りなのか、役者魂を投げ捨てた怠慢なのか…。
ニコラス・ケイジのお腹がぽっこりしているんです。いやいや、お腹だけではなく全体的に緩んだ体です。でもまあ、これだけ映画出演依頼があり、しかも出演しているんだから、いちいち役作りで体を作ったりしないですよね。「来た依頼は断らない」という、そんなニコラス・ケイジのポリシーは見上げたものです。

出演者の中で、紅一点のファムケ・ヤンセン。テカテカした不自然な顔は、ヒアルロン酸を目いっぱい注入した顔そのものです。私と同い年の56歳(2020年現在)、気持ちは痛いほど分かりますが、とても変な顔に見えます。最近見た大食い番組に出てた大食いアイドルの「もえあず」さんも、同じような顔をしていて、見ているこっちが心配になるほどの顔の不自然さでした。女性には女性の、我々男には到底理解できない「飽くなき美への追求」があるんでしょう。しかし、歳相応、自然のままが一番だと思うんですけどね…。


Amazon

コメント

タイトルとURLをコピーしました