ジェラルド・バトラー主演、映画『ザ・アウトロー』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『ザ・アウトロー』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

2時間20分という長い映画です。主人公ニックの夫婦間のいざこざなどにかなりの時間が割かれていますが、観終わってみればそれがストーリーとまったく関係なく、あのいざこざはなんだったの?、という感じです。ニックの家庭環境などさらっと描いて、もうちょっと本編の方に力を注いだ方が良かったのでは、と思わずにはいられません。

とは言え最後の銃撃戦は圧巻で、ヒリヒリするような緊張感を味わえます。しかし、最後の最後のどんでん返しは必要なのかな…。

★★★☆☆

作品概要

監督・脚本・原案はクリスチャン・グーデカスト。
制作はジェラルド・バトラー、ライアン・カヴァノー他。
出演はジェラルド・バトラー、パブロ・シュレイバー他。

2018年のアメリカ合衆国のアクション映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
『エンド・オブ・ホワイトハウス』などのジェラルド・バトラー主演のクライムアクション。ロサンゼルスを舞台に、強盗団と刑事の対決を映し出す。メガホンを取るのは、ジェラルドの出演作『エンド・オブ・キングダム』の共同脚本を担当したクリスチャン・グーデガスト。『フライト・リミット』などのパブロ・シュレイバー、『ストレイト・アウタ・コンプトン』などのオシェア・ジャクソン・Jrらが共演する。

あらすじ
ロサンゼルスで多発する銀行強盗事件を追う刑事のニック(ジェラルド・バトラー)は、ある銀行襲撃計画の情報をつかむ。それは、他人を巻き込まずに鮮やかな手口で強奪を成功させているメリーメン一味が、銀行から3,000万ドルを盗み出そうとしているというものだった。綿密な計画を立てていく一味と、彼らの動向をチェックするニックたちの攻防が始まる。

シネマトゥデイ

感想・その他

映画のクライマックスは、渋滞により人が乗った車が列をなす路上で、強盗団と警察の銃撃戦となります。銃器には詳しくないんですが、この映画では、「Moving」と言いながら弾倉をちゃんと交換しているんです。得てして「弾切れ」を無視した映画もあったりしますが、それを「映画だから」として無視するのちょっと許せないんです。でもこの映画は、そこがとてもリアルに描かれていたりします。

しかし、あんな状態(人の乗った車が列する路上)で、アメリカでは本当に銃撃戦を始めてしまうんでしょうか。どう観ても、何人かは一般人に死傷者が出ていると思うんですよね。クルマなんかは穴ぼこだらけになっているし。このような損害に対し、補償の方はどうなっているのか、非常に気になってしまいます。日本では、暴走車を追うのも危険だからと止めてしまうくらいの警察の対応ですが、どっちの対応が良いのでしょうか。


ザ・アウトロー[Blu-ray]

コメント