スポンサーリンク

映画『10ミニッツ』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『10ミニッツ』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

面白くなくはないですが、ブルース・ウィリスが出演している割に、なんだか締まらない映画でした。一番残念で問題なのは、前半の早いうちで真犯人が想像できてしまったこと。あれは誰が観ても、真犯人は「こいつだ!」と分かるはずです。それが分らない主人公フランク(マイケル・チクリス)はポンコツです。

暇つぶしに、お菓子でも食べながら観る映画です。

★★☆☆☆

作品概要

監督はブライアン・A・ミラー。
脚本はケルヴィン・マオ、ジェフ・ジングル。
制作はティモシー・C・サリヴァン他。
出演はマイケル・チクリス、ブルース・ウィリス他。
2019年制作のアメリカのアクション映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
ブルース・ウィリス主演の犯罪アクション。銀行強盗が失敗に終わり、フランクが意識を失った10分間に、共にチームに加わっていた弟が隣で射殺されていた。フランクが弟の死の真相を探る一方、強盗計画の黒幕であるレックスも事態の収拾を図ろうとしていた。監督は、「デス・ショット」のブライアン・A・ミラー。出演は、「ファンタスティック・フォー」シリーズのマイケル・チクリス。

あらすじ
銀行強盗が失敗に終わり、フランク(マイケル・チクリス)が意識を失っていた10分の間に、一緒にチームに加わっていた弟のジョーが何者かに撃ち殺されていた。誰が敵か味方かもわからないまま、フランクは弟の死の真相を探り始める。一方、今回の強盗計画の黒幕であるレックス(ブルース・ウィリス)は、自らの手下を使って事態を収拾しようとする……。
Movie Walker


感想・その他

ブルース・ウィリスが主役ではなく、チョイ役出演です。最近のブルースはそんな出演作が多く、それも悪役出演が多いと感じます。この映画では悪役ではないですが、そう大した役でもありません。でも一番のギャラを持っていくんでしょうね。

主人公はマイケル・チクリスという俳優で、『ファンタスティック・フォー 』シリーズで岩男を演じているようです。私はアメリカのヒーロー映画は観ないので、知らない俳優でしたが、風貌といい体格といい、主役というイメージじゃないんですよね。因みに出演時は55歳だと考えられ、とても私の一つ先輩だとは思えませんでした。

最後のシーンは、空港というセキュリティがしっかりありそうな場所での派手な銃撃戦でした。しかし、警察が全然来ないんです。拳銃持った人間が空港内を走り回っての銃撃戦なのに。すべて解決したところにやっと警察が登場するんですが、映画と言えども、あれはちょっといただけません。

ブルース・ウィリスの女性部下が凄腕の殺し屋で、あんな手下がいたら百人力です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました