映画『ファースト・キル』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『ファースト・キル』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

今回のブルース・ウィリスは、警察署長のハウエルの役どころです。なんだか怪しくて嫌な雰囲気を醸し出しており、私はすぐに「悪役」だと思いました。それでも、もしかしたヘイデン・クリステンセン演じるウィルを助けてくれるかも…。しかし、期待は見事に裏切られ、そんなどんでん返しはまったくありませんでした。ラストにはビックリするような、ヒネリが欲しいところでした。

ただ、この後に観た映画『デス・ショット』では久しぶりに良い役で出演していたブルース・ウィリスさんでした。

★★☆☆☆

作品概要

監督はスティーヴン・C・ミラー。
脚本はニック・ゴードン。
製作はランドール・エメット他。
出演はヘイデン・クリステンセン、ブルース・ウィルスです。

2017年制作のアメリカ映画ですが劇場公開はされず、2017年7月21日にビデオ発売されました。

作品の紹介・あらすじ

解説
殺人事件を目撃したことで幼い息子を誘拐された父親が、過酷な戦いに身を投じるクライムアクション。息子を救うため自ら銃を手にして奔走する父親に、『スター・ウォーズ』シリーズのアナキン・スカイウォーカー役で知られるヘイデン・クリステンセンがふんし、警察署長を『ダイ・ハード』シリーズなどのブルース・ウィリスが演じる。『マローダーズ/襲撃者』に続きブルースと組んだスティーヴン・C・ミラーがメガホンを取った。

あらすじ
久しぶりの休暇を使って妻と息子のダニーと一緒に故郷のペンシルバニアへ出掛けたウィル(ヘイデン・クリステンセン)は、息子と鹿狩りをするために訪れた森で殺人現場を目撃する。犯人に気づかれダニーを人質に取られたウィルは地元警察と共に誘拐犯の行方を追うが、実は事件の黒幕は署長ハウエル(ブルース・ウィリス)率いる警察だった。

シネマトゥデイ

感想・その他

ブルース・ウィリスが出演していたので観てみました。もう最初に出てきたところで、ブルース・ウィリスが良い人ではないことが分かってしまいました。しかし、最近のブルース・ウィリスはこんな役どころが多いですね。とくに、こんな老警官という役どこが…。

さてもう一方の主演、ヘイデン・クリステンセンという俳優です。まったく知らない顔でしたが、『スター・ウォーズ』シリーズに出演している役者さんだそうです。私は『スター・ウォーズ』シリーズにはまったく興味がなく、まったくと言うほどこのシリーズの映画は観ていません。あのシリーズっておもしろいですか、どうも苦手なんです。ただ、この役者さんの顔は好きです。


ファースト・キル [DVD]

コメント