スポンサーリンク

映画『パトリオット・デイ』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『パトリオット・デイ』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件は、その時の映像も相まって私の中で印象に残っている事件です。その事件を映画化したのがこの作品です。今まで知らなかった犯人逮捕に至るまでの経過が、スリリングに描かれています。

長い映画でしたが、少しも中弛みなく、非常に興味深く、また映画として面白く観れました。
そして、マーク・ウォールバーグとケヴィン・ベーコンの二大スターによる共演映画、もう観るしかないでしょう。

★★★★☆

作品概要

監督・脚本・原案はピーター・バーグ。
製作はスコット・ステューバー。
出演はマーク・ウォールバーグ、ケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン他。
2016年制作のアメリカ合衆国のサスペンス映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
2013年に発生した、ボストンマラソンを標的にした爆弾テロを題材にした実録サスペンス。世界を震撼(しんかん)させた同事件の解決に奔走した者たちの姿を追う。監督は、『バーニング・オーシャン』などのピーター・バーグ。『ディパーテッド』などのマーク・ウォールバーグ、『COP CAR/コップ・カー』などのケヴィン・ベーコン、『バートン・フィンク』などのジョン・グッドマンらが出演。事件当時の実際の映像も盛り込み、緊迫感をより際立たせている。

あらすじ
2013年4月15日。アメリカ独立戦争開戦を記念して毎年開催されるボストンマラソンで、ギャラリーの歓声を受けながら多くのランナーが疾走していた。そしてすさまじい爆発音がとどろき、煙が吹き上がる。街がパニックに包まれる中、FBIは爆発をテロと断定。ボストン警察のトミー(マーク・ウォールバーグ)は、捜査の指揮を執る捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らFBIとぶつかり合いながらも共に犯人を追う。やがて、黒い帽子の男と白い帽子の男の存在が捜査線上に浮かび……。
シネマトゥデイ


感想・その他

兄弟による犯行で、思いの外早く捕まった。ショッキングな犯行の映像とは裏腹に、そんな事しか知らなかったこのボストンマラソン爆弾テロ事件。この映画を観ると、その事件の顛末がよく分かります。どのように犯人を特定し、どのように犯人を追跡・逮捕したのか、それが詳細に描かれています。

そんな中で、特に驚いたのが犯人と警察との激しい銃撃戦です。実際はこんな激しい銃撃戦ではなかったんだろうなと思えるほど、凄まじいアクションシーンとなっています。他で仕入れた情報では、実際に発生した銃撃戦とまったく違いない演出だそうです。

また、ほとんど知ることのないアメリカの対テロ捜査が、どのようにして行われるのか。そんな捜査の一部始終を、分かりやすく見せてくれます。広い倉庫のようなところを捜査本部にして、事件現場を再現するところとか、コンピュータ機器を大量に持ち込んで、監視カメラの映像のチェックしたり。こうして犯人を割り出し、スピード逮捕につなげていったわけでした。

あっという間の2時間13分でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました