映画『ブラッド・ファーザー』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『ブラッド・ファーザー』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

メル・ギブソンは好きな俳優さんです。とくに『ペイバック』や『キック・オーバー』なんかは大好きで、何度でも観たい作品です。しかし、この映画はパターン的にもこの2作と同類の作品ですが、ちょっと小ぶりな感じがしました。フランス映画なので、低予算が原因でしょうか。

とは言え、さすがはメル・ギブサン、なかなか魅せてくれます。

★★★★☆

作品概要

監督はジャン=フランソワ・リシェ。
脚本・原作はピーター・クレイグ。
製作はクリス・ブリッグス他。
出演はメル・ギブソン、ウィリアム・H・メイシーです。

2016年制作のフランス映画、日本では2017年6月に公開されました。

作品の紹介・あらすじ

解説
『ブレイブハート』など監督としても活躍しているメル・ギブソン主演のアクション。あるトラブルから、ギャング、警察、殺し屋に追われる娘を守り抜く元犯罪者の姿を追う。メガホンを取るのは、『アサルト13 要塞警察』などのジャン=フランソワ・リシェ。『天国の口、終りの楽園。』などのディエゴ・ルナ、『ファーゴ』などのウィリアム・H・メイシーらが出演する。

あらすじ
裏社会から去り、アルコール依存症から抜け出すためのリハビリをしながらひっそりと暮らしているジョン・リンク(メル・ギブソン)。ある日、数年前から音信不通だった娘のリディアが、彼の暮らしているトレーラーハウスを訪ねてくる。彼女はギャングとのもめ事を抱え、さらに警察と殺し屋にも追われていた。ジョンは、裏社会で培ってきたスキルを活用し娘を守ろうと……。

シネマトゥデイ

感想・その他

メル・ギブソンは、元犯罪者のジョン・リンクという娘を持つ父親を演じます。その娘とは数年前から音信不通の状態でした。しかし、娘が突然目の前に現れてから、ジョンは厄介ごとに巻き込まれるというストーリーです。メル・ギブソンのやさぐれ感が堪りません。

最後のアクションはイマイチでしたが、ハーレーでぶっ飛ばすところは非常に良かったです。追っかけてきた1人は振り返りショットガンで銃撃、もう1人は大型トレーラーと正面衝突させる…。あれですよ、あの映画。メル・ギブソンを一躍有名にした『マッドマックス』の最後と同じです。

最後には、どうしようない娘・リディアを守り切り、更生させることに成功します。その、どうしようもない娘役リディアには、エリン・モリアーティという女優さん。可愛い顔してますがタイプではありません。そしてこの映画の中では、とんでもなく疫病神でした(笑)


ブラッド・ファーザー

コメント