スポンサーリンク

映画『マイル22』のあらすじ・感想など

映画

作品概要

映画『マイル22』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。
監督・製作はピーター・バーグ。
原案・脚本はリー・カーペンター。
出演はマーク・ウォールバーグ、ジョン・マルコヴィッチです。
2018年制作、アメリカのアクション・スリラー映画です。

作品の紹介・あらすじ

あらすじ
ジェームズ・シルバはCIAでもトップクラスの能力を持つエージェントであったが、CIA分析官ジェームズ・ビショップが統率する極秘部隊”オーバーウォッチ”に所属しているため、組織内でも彼の存在を知っている者はほんの少数であった。
シルバは、アメリカで最も優秀とされる戦術部隊から選抜された地上小隊(チャイルドと言う暗号呼称)のリーダーとして、強力な放射性物質(セシウム)を奪ったFSBの米国内アジトを急襲する。FSBの抵抗によりビショップら本部は「敵の射殺」を許可し、最後の一人である18歳の少年は、シルバに射殺される直前に「(俺を殺すと)後悔するよ」との言葉を残す。
6ヶ月後、東南アジアの国家インドカーにて部員のアリスが得た情報をもとに作戦行動をするもセシウムは得られず、カービン銃とムンクの絵だけであった。数日後アメリカ大使館にリー・ノアという特殊部隊に在籍していた元警官が現れ、セシウムの所在情報と引き換えに亡命を求めた。リーはアリスにガセネタを渡した本人であった。リーはセシウム情報の入ったモバイルディスクを持っていたがそれは8時間で自動消去されるようになっていた。
インドカー政府はリーの引渡しを求める。米大使館(=CIA)が拒否すると、リーの身体検査をする医療従事者に刺客を紛れ込ませて襲うことまでする。そこまで大事な人物なら、ということで米大使館は米国本国へリーの身柄を送ることにする。
シルバは”オーバーウォッチ”の仲間と協力し、情報提供者のリーを国外へ退去させる任務に当たることになった。チームは全員「米国政府関係者では無い」ふりをするために辞表を提出し任務に就く。ノアが潜伏している大使館と空港の間は22マイル(約35km)しか離れていなかったが、リーの命を狙う追手の攻撃は執拗を極め、1マイル進むことにすら支障を来す状況となる。
チームは7人、二台に分乗して進むも、すぐにインドカー政府の諜報員のバイク部隊に襲われ自動車と部下4人を失ってしまい、 近くにある隠れ家(レストラン)に入るも、そこにも敵はやってくる。 本部の指示でグレーのBMWを奪い集合住宅に逃げ込み、そこで更に部員のダグラスが死亡。 相次ぐ戦いの中、シルバは持ち前の戦闘能力を活かし辛くも生き延びる。
敵部隊を全滅させ空港に向かうも直前でインドカー政府の諜報部ボスであるアクセルの車が立ちはだかる。 本部はドローンよりミサイルを発射しアクセルの車を破壊する。
空港でリーを軍の輸送機に移す直前にモバイルディスクの暗号化解除のパスワードを聞く。 部下のアリスも輸送機に乗る。 シルバのみ空港に残る。
本部(マザーと言う暗号呼称)は突如FSBの地上部隊に急襲される。ここでビショップは6ヶ月前の事件を思い出す。今回の出来事はロシアの高官が「息子の復讐」として仕組んだことだった。リーは3重スパイだった。復讐のターゲットはシルバと彼が所属するチームであった。 輸送機からの無線通信で「小包(リーの暗号呼称)が拳銃を奪い……」と聴こえてきた。
Wikipedia(マイル22)

感想・その他

監督のピーター・バーグは、あの『バトルシップ』の監督でした。
滅多に行かない映画館で観て、レンタルDVDで観て、Amazonプライムでも観ました。
この映画でCIWS(近接防御火器システム)を知り、あの射撃音に魅了されました。

主演は、若い頃は素行不良だったマーク・ウォールバーグ。
かなりいろいろ、やらかしていたみたいですね。
とくに人種差別の持ち主だったみたいです。
驚いたのがマークの兄が、あの『バンド・オブ・ブラザーズ』のリプトン少尉役だったこと。
ドニー・ウォルバーグといい、ミュージシャン兼俳優とのこと。
このドラマ『バンド・オブ・ブラザーズ』も大好きで、何回も観ているんです。
でも、顔はちっとも似てませんね。

そして、マーク・ウォールバーグ演じるシルバにパワハラされるのが、ローレン・コーハン演じるアリス。
なんか知っている顔だなぁ・・・、そうだあれだ!
あの『ウォーキング・デッド』のマギーでした。

私的感想

この映画の見どころは、イコ・ウワイス(リー・ノア役)のアクションでしょうか。
この人はインドネシア人。
殺し屋二人相手の格闘は、手に汗握り、固唾を呑んで観ることになるはずです。
ジャッキー・チェンやドニー・イェンより凄いかも。
ホント、見応えがありました。

この映画に出てくるCIAの機密特殊ユニット名は「マザー」。
この映画の根底にあるものは、母親の子供を思う気持ちでしょうか。

★★★★☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました