映画『マイル22』のあらすじ・感想など

映画

私的感想

映画『マイル22』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

この映画の見どころは、イコ・ウワイス(リー・ノア役)のアクションでしょうか。
この人はインドネシア人。
殺し屋二人相手の格闘は、手に汗握り、固唾を呑んで観ることになるはずです。
ジャッキー・チェンやドニー・イェンより凄いかも。
ホント、見応えがありました。

この映画に出てくるCIAの機密特殊ユニット名は「マザー」。
この映画の根底にあるものは、母親の子供を思う気持ちでしょうか。

★★★★☆

作品概要

監督・製作はピーター・バーグ。
原案・脚本はリー・カーペンター。
出演はマーク・ウォールバーグ、ジョン・マルコヴィッチです。

2018年制作、アメリカのアクション・スリラー映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
『バーニング・オーシャン』などのピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグが再び組んだアクション。ある秘密を知る男を護衛する特殊部隊が、武装勢力に挑む。『ザ・レイド』シリーズなどのイコ・ウワイス、ドラマシリーズ「ウォーキング・デッド」などのローレン・コーハンらが出演。ドラマシリーズ「FRINGE/フリンジ」などのグレアム・ローランドが原案と製作総指揮を務める。

あらすじ
人類にとって非常に危険な物質が、何者かに奪われる。その行方を知るリー・ノアー(イコ・ウワイス)が、重要参考人としてインドネシアのアメリカ大使館に保護される。彼の命を狙って多数の武装勢力が迫っていることがわかり、国外に脱出させるため、ジェームズ・シルバ(マーク・ウォールバーグ)率いるCIAの機密特殊部隊が、大使館から空港までの22マイルを護衛することになる。

シネマトゥデイ

感想・その他

監督のピーター・バーグは、あの『バトルシップ』の監督でした。
滅多に行かない映画館で観て、レンタルDVDで観て、Amazonプライムでも観ました。
この映画でCIWS(近接防御火器システム)を知り、あの射撃音に魅了されました。

主演は、若い頃は素行不良だったマーク・ウォールバーグ。
かなりいろいろ、やらかしていたみたいですね。
とくに人種差別の持ち主だったみたいです。
驚いたのがマークの兄が、あの『バンド・オブ・ブラザーズ』のリプトン少尉役だったこと。
ドニー・ウォルバーグといい、ミュージシャン兼俳優とのこと。
このドラマ『バンド・オブ・ブラザーズ』も大好きで、何回も観ているんです。
でも、顔はちっとも似てませんね。

そして、マーク・ウォールバーグ演じるシルバにパワハラされるのが、ローレン・コーハン演じるアリス。
なんか知っている顔だなぁ・・・、そうだあれだ!
あの『ウォーキング・デッド』のマギーでした。


Mile 22

コメント