スポンサーリンク

映画『D-デイ ~ノルマンディー1944~』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『D-デイ ~ノルマンディー1944~』を観ました。
レンタルビデオでの鑑賞しました。

ハッキリ言って途中から、セリフが聞ける早送りで観ました。
観るのを止めても良かったのですが、レンタルだったので我慢して一応最後まで観ました。
これがAmazonプライムビデオでの視聴なら、当然観るのを止めていました。
限りなく0点に近い星1つで、観る価値ないとします。

★☆☆☆☆

作品概要

監督はニック・N・ライオン。
脚本はジェフ・ミード。
製作はデヴィッド・マイケル・ラット。
出演はチャック・リデル、ジェフ・ミード, ランディ・クートゥア他。
2019年のアメリカ合衆国の戦争映画です。

作品の紹介・あらすじ

あらすじ
キネマ旬報社」データベースより
ノルマンディー上陸作戦の成否を握る任務を託されたレンジャー部隊の戦いを描いた戦争アクション。1944年6月6日、上陸作戦決行の日。ラダー中佐はオマハビーチを見下ろす岬に陣取る敵の155mm砲の破壊を命じられる。部隊は何とか敵陣地を制圧するが…。

Oricon」データベースより
1944年6月6日、ノルマンディー上陸作戦決行の日。アメリカ軍第2レンジャー大隊のラダー中佐は、司令部から特別任務を命じられる。それは敵の155ミリ砲陣地を破壊する、極めて重要な作戦だ。血みどろの激戦が続く中、ラダーたちはナチス陣地の制圧に成功する。だがそこに目標である155ミリ砲はなかった。その間にも砲弾は降り注ぎ、味方の被害は拡大してゆく。ラダーは砲兵陣地を探し、敵中の内陸に突入してゆくが…。

感想・その他

その日、この男たちが、世界の運命を変えた
―《ノルマンディー上陸作戦》75周年記念作品―
“第2次大戦のいちばん長い日”を描く戦争アクション大作!
こんなキャッチフレーズが書かれたパッケージを見れば、戦争映画好きなら『プライベート・ライアン』や『バンド・オブ・ブラザーズ』以上を期待するものです。
それにしても酷い映画でした。こんな映画は珍しいほど、全然面白くないんです。
戦闘シーンでの映像の使回しや、砲弾で人が吹っ飛ぶ時の不自然さ(トランポリン使ってキレイに一回転している)、緩慢んな兵士(役者)の動き、臭いセリフ回し、嘘くさい爆発など、取り上げればきりがないほどのダメっぷり。
もう全てい於いて、クオリティが低くチープです。
とにかく見どころなんて、まったくありません。
誰でもが、最初の数分を観れば「ダメだこりゃ」と感じるはずです。

監督をはじめ製作陣は、完成したこの映画を観てどう思ったのか・・・。
それが気になって仕方ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました