映画『ヴェンジェンス』を観た

映画

私的評価

映画『ヴェンジェンス』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

中年男のニコラス・ケイジが、悪党たちを問答無用で退治していきスカッとする訳ですが、それでもなんだか哀愁が漂います。ラストの親子との別れのシーンもなかなか良いです。

★★★★☆

作品概要

監督はジョニー・マーティン。
脚本はジョン・マンキウィッツ。
製作はマイケル・メンデルソーン、ニコラス・ケイジ。
主演はニコラス・ケイジ、その他出演者にアンナ・ハッチソン、ドン・ジョンソン他。

2017年公開のアメリカのアクション映画です。

シングルマザーのティーナは愛娘ベシーと自宅へ帰る途中、町のチンピラ4人によってレイプされてしまいます。その親子と知り合いでもあり、この事件を担当する刑事のジョンはチンピラたちを逮捕するが、チンピラの親が雇った敏腕弁護士の手により無罪となってしまう…。

作品の紹介・あらすじ

解説
ニコラス・ケイジ主演のアクション。心を通わせるシングルマザーをチンピラに陵辱された刑事が、彼らに制裁を加える。メガホンを取るのは『ザ・ヒット・リスト』などに携わったジョニー・マーティン。『キャビン』などのアンナ・ハッチソン、ドラマシリーズ「刑事ナッシュ・ブリッジス」などのドン・ジョンソン、『サイレントヒル』などのデボラ・カーラ・アンガーらが共演する。

あらすじ
湾岸戦争で活躍した元軍人の刑事ジョン(ニコラス・ケイジ)は、相棒がこの世を去り悲嘆に暮れる日々を送っていた。ある日、バーでシングルマザーのティーナと知り合い、気丈な彼女と接することで生きる気力を取り戻す。だが、彼女が娘の目前でチンピラたちに乱暴される事件が発生。ジョンは犯人を逮捕するが、彼らは雇った腕利きの弁護士の力で無罪放免になってしまう。

シネマトゥデイ

感想・その他

題名の「vengeance」、それは復讐という意味。

静かなる中にも、容赦なしの「復讐心」を秘めたニコラス演じる刑事ジョン。前半のレイプ犯たちやその親の悪どさが、我々視聴者にも「早く天罰を!」と思わせます。その後のジョンの復讐は、殺人場面ではありますが、我々をスカッとさせてくれます。映画にありがちな、ちょっとした劣勢やあぶない場面はありません。ホントに「よーし!」と声がでてしまうほど。年配者には分かると思いますが、必殺シリーズや水戸黄門と同じパターンですね。ニコラス・ケイジの渋い演技もいいです。

そして、この人。被告側弁護士役の俳優さん。えっと、この俳優さん、誰だっけ…? そんなことを考えつつ、最後のクレジットで「ああっ、そうだった!」でした。『特捜刑事マイアミ・バイス』のソニー・クロケット刑事、ドン・ジョンソンだぁ。いやー、すっきりしました。


ヴェンジェンス ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

コメント