映画『ジョン・ウィック:チャプター2』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

我々世代には懐かしい、マカロニ・ウェスタンで有名なフランコ・ネロも出演しています。多くを期待してはいけません。ただ単純に楽しむ映画です。

★★★☆☆

作品概要

監督はチャド・スタエルスキ。
脚本はデレク・コルスタッド。
製作はベイジル・イヴァニク、エリカ・リー。
主演はキアヌ・リーブス、その他出演者にコモン、ローレンス・フィッシュバーン他。

2017年公開のアメリカのアクション映画です。

キアヌ・リーブスが伝説の元殺し屋に扮し、「ガンフー」という銃とカンフーを融合させた新銃術を取り入れたアクションでヒットした「ジョン・ウィック」の続編であり、前作から5日後に起こった出来事を描いています。

作品の紹介・あらすじ

解説
キアヌ・リーヴスふんする元殺し屋の壮絶な復讐(ふくしゅう)劇を描き、銃撃戦とカンフーをミックスしたアクションが話題を呼んだ『ジョン・ウィック』の続編。殺し屋稼業から身を引いて静かに生活していた主人公が、再びし烈な戦いに巻き込まれる。メガホンを取るのは、前作に続きチャド・スタエルスキ。イアン・マクシェーン、ジョン・レグイザモら前作キャストに加え、『マトリックス』シリーズでもキアヌと共演したローレンス・フィッシュバーン、ラッパーのコモンらが新たに参加する。

あらすじ
リベンジから5日後、伝説の殺し屋ジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)はイタリアンマフィアのサンティーノ(リッカルド・スカマルチョ)から新たな殺人を依頼される。殺し屋稼業から足を洗い静かな生活を望むジョンは断るが、サンティーノによって思い出深い家をバズーカ砲で木っ端みじんにされてしまう。さらにサンティーノに7億円の懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋のターゲットとなり……。

シネマトゥデイ

感想・その他

前作はストーリーも単純で、犬とクルマのためにそこまでするのか…。そんな思いは置いといて、娯楽アクション映画としては大いに楽しめました。

そして、今作チャプター2です。前作では、犬の復讐はしたけど、クルマはまだ取り返していません。話しは、クルマを取り返すところから始まります。前作を観ていない人には、よく分からない始まり方です。ここの部分は必要あるのか疑問です。そして、前作では気にならなかったアヌ・リーブスのアクションが、今作ではいま一つ。とくに拳銃を使わない、肉弾戦の時にとくに感じました。よくOKが出たな、と感じるシーンが多々見受けられ、ただただ残念でした。


ジョン・ウィック:チャプター2 スペシャル・プライス版[DVD]

コメント