スポンサーリンク

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』のあらすじ・感想など

映画

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。
監督はチャド・スタエルスキ、主演はキアヌ・リーブス、2017年公開のアメリカ映画です。

『ジョン・ウィック:チャプター2』(原題: John Wick: Chapter 2)は、2017年に公開されたアメリカ合衆国のネオ・ノワール・アクション・スリラー映画。監督はチャド・スタエルスキ、脚本・原作はデレク・コルスタッド。 ジョン・ウィックの続編であり、前作から5日後に起こった出来事を描く。キアヌ・リーブス、コモン、ローレンス・フィッシュバーン、リッカルド・スカマルチョ、ルビー・ローズ、ジョン・レグイザモ、イアン・マクシェーンが出演する。キアヌ・リーブスとローレンス・フィッシュバーンが共演するのはマトリックス3部作以来である。

あらすじ
前作から5日後。アブラム・タラソフのアジトから愛車を取り戻したジョン・ウィックは、かつての貸し(「誓印」)があるイタリア系犯罪組織カモッラの幹部サンティーノ・ダントニオから暗殺の依頼を受ける。今度こその引退を決意していたジョンは断るが、その代償として亡き妻との想い出が残る家が爆破される。ジョンは、ウィンストンの助力を得ようとするも、誓印の掟は絶対だとし、サンティーノの依頼を受けることを勧める。諦めたジョンは、サンティーノより父の跡を継いだ実の姉ジアナの抹殺を要求される。
ローマへやってきたジョンは、当地で準備を行い、世界各地の殺し屋たちのトップである「主席連合」に就任しようとしているジアナを殺す。カシアンら彼女の護衛らと戦い、地下墓地へ逃げ込んだジョンは、今度はサンティーノの部下アレス率いる一団に襲われる。サンティーノは口封じのためにジョンを生かしておくつもりはなかった。アレスを振り切り、再度カシアンと殺し合うジョンは、偶然コンチネンタル・ホテルに飛び込み停戦状態となる。そしてバーでカシアンと再戦を誓いあったジョンは、ローマを後にする。
サンティーノはジョンに700万ドルの賞金を掛け、ニューヨーク中の殺し屋に公示する。サンティーノを狙いニューヨークへ戻って来たジョンは、次々と殺し屋らに命を狙われ返り討ちにしていく。その中にはカシアンもあり、地下鉄での死闘の果てにジョンが勝利する。だが、殺し屋の数は多く、ジョンはニューヨーク地下犯罪組織の王であるバワリー・キングを頼る。ジョンはキングにサンティーノを殺す利益を説き、キングは7発だけの拳銃とサンティーノの居場所の情報を与える。
美術館へ乗り込んだジョンは、サンティーノを追って迎撃に現れた彼の部下らを葬っていく。アレスも駆けつけ、サンティーノを護衛しながら、最期はジョンとの一騎打ちに臨むが返り討ちにされる。美術館を脱したサンティーノはコンチネンタル・ホテルに逃げ込み、ホテル内では殺しをしてはいけない掟を盾にジョンを挑発する。しかし、ウィンストンが止めようとする中、ジョンは躊躇なくサンティーノを射殺する。
焼け落ちた自宅に戻り思い出の品を見つけたジョンは、ウィンストンから公園へ呼び出しを受ける。ウィンストンは、ジョンが主席連合によって世界中の殺し屋から命を狙われること、掟を破ったためにコンチネンタルのサービスを今後利用できなくなることを伝える。そして長年の友情に対する餞別として、暗殺指令を1時間差し止め、その間に逃げろという。ジョンは誰が殺し屋かもわからない雑踏の中を愛犬と共に走り去る。
Wikipedia(ジョン・ウィック:チャプター2)

前作は楽しめました。
犬とクルマのためにそこまでするか・・・。
そんな思いは置いといて、娯楽アクション映画としては楽しめました。

そして、今作チャプター2です。
前作では、犬の復讐はしたけど、クルマはまだ取り返していません。
話しは、クルマを取り返すところから始まります。
前作を観ていない人には、よく分からない始まりです。
ここの部分は必要あるのか疑問です。
そして、前作では気にならなかったアヌ・リーブスのアクションがいま一つ。
とくに拳銃を使わない、肉弾戦のとき。
よくOKが出たな、と感じるシーンが多々見受けられました。
最後に、敵側ボスであるダントニオの女側近、ジョンと死闘を繰り広げるかの流れでしたが、あっけなくやられます。
我々世代には懐かしい、マカロニ・ウェスタンで有名なフランコ・ネロも出演しています。

多くを期待してはいけません。
ただ単純に楽しむ映画です。

★★★☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました