映画『エル ELLE』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『エル ELLE』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

レンタル屋でパッケージを見てなんとなく借りてみたこの映画。スリラー映画とあったので、怖ーい映画を期待していました。ところがイメージとは全然違う映画。これをスリラー映画とは言わないのでは、と思います。やはりこの映画は、エロティックサスペンスです。

★★★☆☆

作品概要

監督はポール・バーホーベン。
脚本はデヴィッド・バーク。
製作はミヒェル・メルクト、サイド・ベン・サイド。
原作はフィリップ・ジャンの「Oh…」。
主演はイザベル・ユペール、その他出演者にロラン・ラフィット、アンヌ・コンシニ他。

2016年公開(日本では2017年)のフランス映画です。

監督は『氷の微笑』のポール・バーホーベンで、主演は『ピアニスト』のイザベル・ユペールです。原作はフィリップ・ディジャンの小説「oh…」です。ゲーム会社のCEOであるミシェルは、ある日突然、自宅に侵入してきた覆面男に襲われます。警察にも届けず、何事もなかったかのように今まで通りの生活を送ろうとしますが…。

作品の紹介・あらすじ

解説
『ピアニスト』などのフランスの名女優イザベル・ユペールと『氷の微笑』などのポール・ヴァーホーヴェン監督が組んだ官能的なサイコスリラー。『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』の原作者フィリップ・ディジャンの小説を原作に、レイプ被害者の女性が犯人を捜しだそうとする姿を描く。『ミモザの島に消えた母』などのロラン・ラフィットや『愛されるために、ここにいる』などのアンヌ・コンシニらが共演。欲望や衝動によって周囲を巻き込んでいく主人公を熱演するイザベルに注目。

あらすじ
ゲーム会社の社長を務めるミシェル(イザベル・ユペール)はある日、自宅で覆面の男性に暴行されてしまう。ところがミシェルは警察に通報もせず、訪ねてきた息子ヴァンサン(ジョナ・ブロケ)に平然と応対する。翌日、いつも通りに出社したミシェルは、共同経営者で親友のアンナ(アンヌ・コンシニ)と新しいゲームのプレビューに出席する。

シネマトゥデイ

感想・その他

映画としては面白かったです。主役は、フランスの至宝と言われているイザベル・ユペールというおばさん(おばあさん?)。とは言え、とても64歳(映画撮影時)には見えない、思えない美しさです。

そして、最後のシーンは計画的なのか、偶然だったのか…。私は計画的犯行だと感じたのですが、どうなんでしょうか。

それにしても、フランス人ってこういう人たちばかりなのと、疑ってしまいます。ドラマ『刑事ジョー パリ犯罪捜査班』を観ていても変態ばかりなんですから…。


エル ELLE [DVD]

コメント