映画『ザ・ウォール』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

『ザ・ウォール』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

出演者はほとんど2人(アイザックとマシューズ)で、映画の舞台は逃げ込んだ壁の裏だけ。そんな映画でしたが、90分間退屈しないで観られました。敵スナイパーは出てこず、声とスコープからの眺めだけです。それが、敵スナイパーの不気味感をより一層高めます。しかも、この敵スナイパーは復讐として、敵を弄んで殺害しているんです。サスペンスとかホラーの要素も入っている映画です。

★★★★☆

作品概要

監督はダグ・リーマン。
脚本はドウェイン・ワレル。
主演はアーロン・テイラー=ジョンソン、その他出演者にジョン・シナ、ライト・ナクリです。

2017年公開のアメリカの戦争映画です。

2007年、イラク。イラクの戦場で敵の銃撃を受け、壁の背後に身を潜めながら、姿の見えない敵のスナイパーと息が詰まような対峙をすることになったアメリカ兵が主人公です。知力・体力の限りを尽くして、ずる賢くて「死に神」の異名を持つ相手スナイパーと決死のサバイバルゲームを繰り広げるさまを描く映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
イラク戦争で大勢のアメリカ兵を葬った実在のスナイパー、ジューバの標的となった兵士の攻防を描くサバイバルスリラー。『フェア・ゲーム』や『ボーン』シリーズなどに携わってきたダグ・リーマンが監督を務める。姿なき敵と駆け引きを繰り広げる主人公を『キック・アス』シリーズや『ノクターナル・アニマルズ』などのアーロン・テイラー=ジョンソンが演じ、WWEの人気プロレスラー、ジョン・シナらが共演。

あらすじ
2007年のイラク。がれきの中に潜む敵を狙っていたアメリカ兵のアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)とマシューズ(ジョン・シナ)だったが、様子を確かめようとしたマシューズが思わぬ場所から狙撃される。援護に向かったアイザックも撃たれて負傷し、何とか壁の背後に退避するが、動けなくなってしまう。そこへ仲間を名乗る男からアイザックに無線が入るが、彼はその声に違和感を覚え……。

シネマトゥデイ

感想・その他

まさに蟻地獄。しかも、辛抱強く獲物をまつアリジゴクと違い、獲物を誘き寄せる敵スナイパー。イラク戦争時に37人のアメリカ兵を殺害した狙撃手<ジューバ>をモデルに制作されたようです。

死だと思ったマシューズの反撃か…。そんな結末を想像しましたが、見事に裏切られました。最後の最後はあっと驚く展開となりました。個人的には、本来の任務であった2人で、敵スナイパーをやっつけて欲しかったとことです。

ザ・ウォール [DVD]

コメント