映画『潜入者』のあらすじ・感想など

映画

映画『潜入者』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。
監督はブラッド・ファーマン。
脚本はエレン・ブラウン・ファーマン。
製作はミリアム・シーガル。
原案はロバート・メイザーのアメリカ税関の潜入捜査官ロバート・メイザーの回顧録『The Infiltrator』。
出演はブライアン・クランストンです。
2016年制作、アメリカの犯罪映画です。

あらすじ
1980年代、南米コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル率いる世界最大の麻薬カルテル、メデジン・カルテルによりアメリカに密輸されるトン単位の麻薬が大きな問題となり、レーガン大統領は掃討のため「ドラッグ戦争」に乗り出していた。1985年、関税局職員ロバート・メイザーは、メデジン・カルテルの麻薬ルートであるフロリダ州南部の港町タンパで、潜入捜査による麻薬取締にあたっていた。同僚のアブレヴの情報から、麻薬ルートではなく資金ルートから組織をたどるアイデアを思いつき、ボブ・ムセラという変名で富豪を装い、資金洗浄を持ちかけて金融ブローカーからメデジン・カルテルの幹部ロベルト・アルカイノまでたどり着く。その過程でマヌエル・ノリエガ率いるパナマや国際商業信用銀行(BCCI )がカルテルの資金洗浄に大きくかかわっていることも突き止める。一方、メイザーが金融ブローカーの手配した娼婦を抱くことを断る口実として、「婚約者がいる」と口走ったことから婚約者役として同僚のキャシーが捜査に加わる。正体が知られれば自分ばかりか家族も無残に殺されるリスクに神経をすり減らしながらも、ロベルトとの家族ぐるみの付き合いの中で「身内」に対する彼の温かい接し方に、とまどいと奇妙な罪悪感を覚え始めるメイザーたちだったが、その感情を押し殺し、メイザーとキャシーの「結婚式」にメデジン・カルテルの関係者とBCCIの幹部を招き、一網打尽にする計画を立てる。
Wikipedia(潜入者)

主演のブライアン・クランストンは、映画なら『プライベート・ライアン』や『ワールド・ウォーZ』等に出演。
ドラマだと少し前に観た『スニーキー・ピート』の悪役ヴィンスを、憎々し気に好演していました。
このドラマでは、企画・製作総指揮・出演・監督をこなしています。
しかしこの映画の主人公メーザーと、『スニーキー・ピート』のヴィンスが、今の今まで同一人物だとは気付きませんでした。
そして、すごい昔のドラマでは『白バイ野郎ジョン&パンチ』にゲスト出演していたようです。
この『白バイ野郎ジョン&パンチ』は当時(35年ほど前)、深夜の放送を楽しみにして観ていました。

また『ER/緊急救命室』シリーズの大ファンである私としては、ジョン・レグイザモですね。
このERではシリーズ12だけの出演でしたが、顔と日本語吹き替えの声がとてもマッチしていてよく覚えていました。
そして映画『ジョン・ウィック』に出てましたね。
有名どころでは『ダイ・ハード2』に出演していたようですが、覚えがありません。
この映画では一緒に潜入して捜査にあたる麻薬捜査官です。

さて、この映画。
主人公が『ミッション:インポッシブル』シリーズのイーサン・ハントのような、スーパーな人間ではありません。
ともするとビクついて、オタオタしたりしています。
そんなところが、観ている私にも伝染して非常にハラハラ・ドキドキさせてくれました。

★★★☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました