映画『SAFE/セイフ』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『SAFE/セイフ』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

なとなくストーリーが分ったようで分からない、そんな映画でした。驚異の記憶力をもつ中国人少女をめぐって、チャイナマフィアとロシアンマフィアの抗争。そんな少女を助けるために、生きる気力を無くしていた主人公が天下無双の大暴れ!、という映画です。

★★★☆☆

作品概要

監督・脚本はボアズ・イェーキン。
製作はローレンス・ベンダー、デイナ・ブルネッティ。
製作総指揮はスチュアート・フォード、ブライアン・カバナー=ジョーンズ、ケビン・スペイシー、ディーパック・ナヤール。
主演はジェイソン・ステイサム、その他出演者にキャサリン・チェン、ジェームズ・ホン他。

2011年制作のアメリカのアクション映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
『エクスペンダブルズ』シリーズなどの肉体派スター、ジェイソン・ステイサムが主演を務めるアクション・サスペンス。特殊な能力を持つ少女と出会った元警官の格闘家が、彼女を追うロシアン・マフィア、汚職警官グループ、チャイニーズ・マフィアを相手に壮絶な戦いを繰り広げていく。メガホンを取るのは、脚本家やプロデューサーとしても活躍している『タイタンズを忘れない』のボアズ・イェーキン。ジェイソンが屈強な肢体を躍動させる肉弾戦はもちろん、ニューヨークの市街地を猛スピードで激走するカーチェイスも見もの。

あらすじ
ある事件でニューヨーク市警の刑事を辞め、マイナーな総合格闘技のファイターとなったルーク(ジェイソン・ステイサム)。負けるように指示されていた八百長試合で勝利してしまった彼は、試合を牛耳るロシアン・マフィアに制裁として妻を殺されてしまう。生きる気力を失い、地下鉄で飛び込み自殺を図ろうとした彼は、妻の命を奪ったロシア人たちがアジア人少女を追いかけているのを目撃。少女を救い出して街に逃げ出すが、そんな二人を汚職警官の一団や中国系マフィアが襲い掛かる。激しい攻防と逃走を繰り広げながら、ルークは少女に隠された秘密を知る。

シネマトゥデイ

感想・その他

とにかくジェイソン・ステイサムのアクション映画が好きです。Amazonプライムビデオで見られるステイサム映画はほとんど観たような…。彼の格闘戦は、他の誰よりも迫力があり素晴らしいと思ってます。映画の中身なんかは二の次で、ただ単にステイサムの格闘戦にうっとりです。

それにしても、この中国人少女の女の子。こまっしゃくれでまったく可愛げがありません。もうちょっとどうにかならなかったのか。ノンストップ・アクション映画の中に咲く「一輪の可憐な花」のような女の子、そんな感じの女の子がいいなぁ。そんなことを思い感じながら観ていました。


SAFE/セイフ DVD

コメント