スポンサーリンク

フランク・グリロ主演、映画『コンティニュー』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『コンティニュー』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

映画の冒頭は、なにやら懐かしい80年代テレビゲーム風の文字が現れ、映画が始まります。映画の途中で分かるのですが、これは正しくテレビゲームなんです。主人公は、何度死んでも繰り返すことができる世界(タイムループ装置)に放り込まれ、その度に攻略方法を考え「コンティニュー」して次につなげる。そんな命懸け実体験のゲームなんです。

主人公は、とある敵が倒せなくて自暴自棄になったり、途中面倒になり自分で死を選んだりして、まるでゲームをしているようです。それでもところどころでヒント(アイテム)を見つけて、250回目くらいにコンプリートするわけです。しかし、そのタイムループ装置は、「コンティニュー」をし過ぎると世界破滅が訪れるという、非常に恐ろしいわけの分からない代物なんです。それを阻止するため、ループ無しの一発勝負に挑戦する主人公…。ただ、失敗した場合は世界が終わるのか、主人公だけが死んでしまうのか…、そのあたりがよく分かりませんでした。

私的には、かなり面白い映画でした。

★★★★☆

作品概要

監督はジョー・カーナハン。
脚本はクリス・ボーレイ、エディ・ボーレイ、ジョー・カーナハン。
製作はジョー・カーナハン、フランク・グリロ、ランドール・エメットほか。
主演はフランク・グリロ、その他出演者にメル・ギブソン、ナオミ・ワッツ、アナベル・ウォーリス、ケン・チョンほか。

2020年公開のアメリカのSFアクション映画です。死んでしまうと必ず繰り返される終わりのないタイム・ループ。そこから脱出しようとする元特殊部隊の男の奮闘を描く。

作品の紹介・あらすじ

解説
タイムループを題材にしたSFアクション。暗殺者の集団に襲われる一日を繰り返す元特殊部隊員が、そのループに隠された真相に迫る。メガホンを取るのは『クレイジー・ドライブ』などのジョー・カーナハン。『パージ』シリーズなどのフランク・グリロ、『ブルータル・ジャスティス』などのメル・ギブソン、『ルース・エドガー』などのナオミ・ワッツらが出演する。

あらすじ
元デルタフォース特殊部隊員のロイ(フランク・グリロ)は、朝目覚めた直後に謎の殺し屋たちに殺害されてしまう。だが、命を落としたにも関わらず、また同じ朝を繰り返す形で生き返っては殺される現象が続く。銃、爆弾、刃物と、さまざまな凶器と手口で殺されるが、科学者の元妻(ナオミ・ワッツ)からタイムループに関わる軍の極秘計画オシリスの存在を知らされる。手掛かりをつかもうと、ロイは計画の責任者である軍属科学者ヴェンター大佐(メル・ギブソン)を追う。

シネマトゥデイ

感想・その他

この映画にはラスボスな感じで、メル・ギブソンが出演しています。しかし、これがとても弱いのです。この役にメル・ギブソンが必要だったのか、いやこれは、絶対に無駄遣いだと断言いたしましょう。どうして出てしまったのか。

主人公ロイの元妻役には、ナオミ・ワッツ。その名前を見聞することは度々あり、出演映画もかなりあるのですが、映画を観てこの人がそうだとは思いもしませんでした。彼女はなにか特徴のある顔ではないのですぐに忘れていまいそうで、また他の映画で見掛けても分からないかもしれません。

コメント