スポンサーリンク

パトリック・ウィルソン主演、映画『ムーンフォール』の感想・あらすじなど

映画

私的評価

映画『ムーンフォール』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

映画『アルマゲドン』のようなストーリで、しかも深みのない内容でガッカリしました。確かに派手なシーンは盛沢山ですが、そのシーンも目新しさが無く迫力もありませんでした。
肝心の月が堕ちてくる理由が今一つよく分からなかったのですが、もう一度観る気は起きません。
あと、アメリカ映画にありがちな家族愛、親子愛の入れ方も今まで通りです。あれって、日本人の我々には違和感しかないと思うのですが、どうでしょうか。

月は人工物…、そんな奇想天外なストーリ、暇つぶしで観るには良い映画です。

★★☆☆☆

作品概要

監督はローランド・エメリッヒ。
脚本はローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサーほか。
製作はハラルド・クローサー、ローランド・エメリッヒ。
主演はパトリック・ウィルソン、その他出演者にハル・ベリー、ジョン・ブラッドリーほか。

2022年のアメリカのSFアクション映画です。『インデペンデンス・デイ』や『デイ・アフター・トゥモロー』などの映画で知られるローランド・エメリッヒ監督が、1億5000万ドルという巨額の製作費を掛けて作ったディザスター映画となります。Amazonプライムビデオの独占配信です。謎の力により月が軌道から外れて地球と衝突する危機に瀕し、地球全滅を阻止するために寄せ集めのチームが愛する者を残し、命懸けのミッションに挑む姿が描かれます。

作品の紹介・あらすじ

解説
『インデペンデンス・デイ』シリーズなどのローランド・エメリッヒ監督が、地球と月が衝突する危機に直面した人々の様子をアメリカ航空宇宙局(NASA)協力の下で描いたSFパニック。月が軌道を外れ、地球に向かってくる中、NASAの副長官や元宇宙飛行士、陰謀論者らが奔走する。NASA副長官を『X-MEN』シリーズなどのハル・ベリーが演じ、『死霊館』シリーズなどのパトリック・ウィルソン、ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」などのジョン・ブラッドリーらが共演する。

あらすじ
月が軌道を外れ、数週間以内に地球に衝突することが判明。NASA副長官のジョー・ファウラー(ハル・ベリー)と、ある事故の責任を取ってNASAを辞めた元宇宙飛行士のブライアン・ハーパー(パトリック・ウィルソン)、そして自称天文学博士の陰謀論者K.C.ハウスマン(ジョン・ブラッドリー)は、あるミッションのために月へ向かう。一方、地球では最終手段として核爆弾の使用が検討されていた。

シネマトゥデイ

感想・その他

主役のパトリック・ウィルソンについては、映画『トレイン・ミッション』のところでも書いているのですがですが、若き日のケビン・コスナーを思わせるスッキリ系のハンサムさん。出演作も多いのですが、イマイチ感が漂う俳優さんです。なにかヒット作に巡り会えば、一気にスターダムにのし上がれると私は思うのです。でも、この作品では評価を落としてしまっているように感じます…。

最初に月の軌道の異常に気が付いたハウスマンを演じたのが、ジョン・ブラッドリーです。彼はドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の全シリーズに登場したサムウェル・ターリーを演じています。一見、年齢不詳ですが、調べてみると1988年生まれの33歳(2022年8月現在)という若さでした。

コメント