スポンサーリンク

マッツ・ミケルセン主演、映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』の感想・あらすじなど

映画

私的評価

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

シリアスな復讐劇かと思いきや、主人公以外の出演者は誰しもコミカルで、顛末と言えばブラックコメディ映画と言っても過言ではありません。それでいて、この映画の登場人物にはそれぞれなにかしらの「過去」があり、悩める現代社会の問題点が描写されていたりします。

映画の最初と最後に流れる本筋とは関係のないエピソードがありますが、人間は偶然の連続で生きているんだなとつくづく考えさせられました。後味の悪くない、面白い映画でした。

★★★★☆

作品概要

監督・脚本はアナス・トマス・イェンセン。
製作はシーセ・グラウム・ヨルゲンセン、シーゼル・ヒブシュマン。
主演はマッツ・ミケルセン、その他出演者にニコライ・リー・コス、アンドレア・ハイク・ガデベルグ、ラーシュ・ブリグマンほか。

2022年1月に公開されたデンマーク、スウェーデン、フィンランド合作のアクション映画です。軍人の主人公は列車事故で妻を失うが、その事故には犯罪組織が関わっているとの情報で、主人公のマークスが復讐のため暴れまわる…。

作品の紹介・あらすじ

解説
『アナザーラウンド』などのマッツ・ミケルセン主演によるアクション。妻が犯罪組織による暗殺に巻き込まれて命を落としたことを知った軍人が、数学者らの協力を得て復讐(ふくしゅう)に挑む。メガホンを取るのは『メン&チキン』などのアナス・トマス・イェンセン。『特捜部Q』シリーズなどのニコライ・リー・コス、ドラマ「犯罪ジャーナリスト ディクテ」などのラーシュ・ブリグマン、『アントボーイ』などのニコラス・ブロのほか、アンドレア・ヘイク・ゲーゼベウ、グスタフ・リンドらが出演する。

あらすじ
アフガニスタンで任務に就いていた軍人マークスは、妻が列車事故で亡くなったという報せを受けて急きょ帰国する。娘と共に悲しみに暮れる彼の前に現れた数学者のオットーらは、事故は犯罪組織“ライダーズ・オブ・ジャスティス”が殺人事件の重要な証人をほうむるために起こしたものだと告げる。怒りに燃えたマークスは、オットーたちの協力を得ながら復讐(ふくしゅう)を誓うが、事態は予想していなかった方向に進む。

シネマトゥデイ

感想・その他

主演のマッツ・ミケルセンは映画『残された者 -北の極地-』のところでも書きましたが、デンマークの俳優さんです。この映画もデンマーク、スウェーデン、フィンランドの合作です。最近ではAmazonプライムでいろんな国のドラマや映画が見られますが、この北欧物は、一種独特の雰囲気を持っています。

このブログで記事にしたものだと…
映画『湿地』
映画『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』
映画『幸せなひとりぼっち』
映画『ある戦争』
映画『ヒトラーのわすれもの』

記事にしていませんが、ドラマでは『THE BRIDGE/ブリッジ』など。

日本もの、見慣れているアメリカものとは、なにか違うテイストなんです。映像はもちろんのこと、扱われる題材や問題点など、いかにも北欧的と感じるところが多々あります。たまには北欧ものの映画やドラマで、いつもとは違うテイストを味わるのも良いものです。

コメント