スポンサーリンク

映画『ウィークエンド・チャンピオン ~モンテカルロ 1971~』の感想・あらすじなど

映画

私的評価

映画『ウィークエンド・チャンピオン ~モンテカルロ 1971~』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

60年後半から70年前半、5年間F1レースに出場すれば3人に1人しか生き残れなかった。そんなことをジャッキー・スチュワートが回想します。87年のF1からしか知らない私からすれば、その20年ほど前はそんな時代だったのです。正しく「死と隣り合わせ」の世界でした。

当時のモナコGPの様子が手に取るほどよく分かり、とても楽しめる、そして考えさせられる映画でした。現代F1マシンに搭載されているかのような車載カメラの映像もキレイで、F1好きなら必ず観ないといけない作品です。

★★★★☆

作品概要

監督はフランク・サイモン。
製作はロマン・ポランスキー。
主演はジャッキー・スチュワート、その他出演者にヘレン・スチュワート、ロマン・ポランスキー、ケン・ティレルほか。

2013年のイギリス・フランスのスポーツドキュメンタリー映画です。下の解説にあるように一般公開されずに闇に埋もれていたフィルムが、40年経った2013年に公開されました。

作品の紹介・あらすじ

解説
3度の世界チャンピオン経験者で伝説のF1レーサー、ジャッキー・スチュワートの素顔を、友人であるロマン・ポランスキー監督が捉えたドキュメンタリー。1971年モナコ・グランプリの週末を舞台に、サーキット内外でのジャッキーの様子を克明に映し出し、1972年にベルリン国際映画祭でワールドプレミア上映後、一般公開されず倉庫に埋もれていたフィルムが見つかったことから公開が実現。約40年ぶりに再会した二人が、当時の様子やF1の軌跡を語り合う映像も追加されている。

あらすじ
1971年、モーターレースが好きな映画監督ロマン・ポランスキーは、友人であるF1世界チャンピオンのジャッキー・スチュワートが参戦するモナコ・グランプリに同行し、一緒に週末を過ごす。栄光の頂点にいた天才レーサーのプライベートから白熱のレースシーンまで克明に活写。それから40年ぶりに再会した二人は、その映像を見ながらF1の軌跡を振り返る。

dTV

感想・その他

ジャッキー・スチュワートと言えば、3タイムズ・チャンピオン、タータンチェックの人、F1チームオーナー、おじいさん、それぐらいのことしか知らず、なんとなく好きな人物ではありませんでしたが、この映画を観て彼を見直しました。見直した理由はいろいろありますが、レースの安全性に取り組み姿勢など、それはこの映画を観れば分かるはずです。

1997年から1999年までF1世界選手権に参戦したチーム「スチュワート・グランプリ」は3年という短い期間でしたが、1999年の最終年は優勝が1回でコンストラクターズ4位という成績。しかし、この年を最後にフォードに売却、その金額が1億3000万ドルと言われています。そのフォードが運営したジャガー・レーシングも2004年には撤退、その売却金額はなんと1ドルでした。1ドルで買ったのが現在のレッドブル・レーシングです。

最後に、現在はレッドブル・レーシング」の顧問に就いているヘルムート・マルコの名が、とある場面でジャッキー・スチュワートの口から出ていました。調べると、71年のマルコ博士はマクラーレンのドライバーだったのです。彼がF1ドライバーだったのは本当でしたね。

コメント