シントー鋸ヤスリを使ってみたが、その威力がすごかった

工具

シントー鋸ヤスリとは

神東工業さんのシントー鋸ヤスリ(L)。
たまたまネットで見つけ、口コミに書かれていた「『和風総本家』で紹介されていた」で即購入決定でした。

◎ 特徴
・金切鋸刃を組合わせ特殊加工したもので、他社やすりに比べ目詰まりが発生しにくい。
・材質はSK材なので、耐久性はバツグン。
・一般木材からプラスチック、軟鋼材まで幅広い用途で作業性に優れている。
・仕上げ削りの中・小目も用意しております。
・替刃式(サンダータイプ)もあり使用条件にて製品を選択できる。
・歯は両面に大・中、又は中・小がついています。

購入の経緯

購入に至る案件は上画像コレでした。
ベアリングプーラーのアームの爪部分。
ここが厚すぎて、ベアリングを引っ掛けることができませんでした。

アーム部分はアルミ鋳造でしょうか。
手持ちのヤスリでは歯が立ちません。
30分格闘してこれくらい、1mmくらいでしょうか。

これではダメだと見切りをつけて、パソコンで検索をしてみました。
それで見つけたのがこの商品、シントー鋸ヤスリ(L)でした。
いかにも「削れる」を感じさせる、この荒々しい見た目。
それはあたかも「ゴジラの背」を連想させ、「こいつならやってくれるぜ」と思わせてくれました。

鋸ヤスリを使ってみて

今回はこのようにヤスリを置いて、プーラーのアームを手に持って削りました。
言うなれば「大根おろし削り」と命名しましょうか・・・。
そして、これが面白いように削れるんです。
「ああっ、削れてる」って、下に落ちていく削りカスで分かるんです。

すっ、すごい・・・
ほんの10分でこの通り。
手持ちの普通のヤスリで30分格闘した右側のアームと比較してください。
その差は歴然です。

金属(アルミ鋳造)でこの削れ方。
木材なんかは、本当に簡単に削れてしまうんではないでしょうか。
一家に一個、常備させておきたい道具です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました