電気ファンヒーターのおすすめは、SHARPプラズマクラスター電気暖房機HX-L120

日用品

我が家の暖房状況

我が家の暖房器具はガスファンヒーターです。以前は灯油ファンヒーターを使っていましたが、灯油の購入とファンヒーターへの灯油の補充が面倒でした。とくに補充は寒い部屋での作業となり、誰かがやってくれるのを祈っていました。

そして灯油ファンヒーターの調子が悪くなったタイミングで、ガス方式に変えました。これが最高にお手軽で手間いらず、もう灯油方式には戻りたくありません。

そんな我が家の暖房器具ですが、ファンヒーターは一つしかありません。そんな状況下で、今冬、二階の6畳間(エアコン無し)に暖房器具が必要となりました。もちろん二階にはガス栓などありません。

暖房器具選び

暖房器具選定ににあたり、電気を使用するものにはどんな種類があり、それらはどんな特徴があるのか調べてみました。

種類 特徴 電気代
8畳(1時間)
値段
良い点 悪い点
エアコン 冷房も使える 速暖効果が低い 3~40円 35,000円~
ファンヒーター 速暖で付加価値あり 電気代が高い 15~32円 10,000円~
赤外線ストーブ 速暖で安価 部屋全体が暖まらない 12~25円 3,000円~
オイルヒーター 部屋全体を暖める 暖房能力が低い 13円 10,000円~

購入時点ではエアコンは選択肢にありませんでした。また、ストーブ系も部屋全体が暖まらないので除外しました。オイルヒーターは暖まるのに時間が掛かるので却下。残ったのはファンヒーターですが、始めから加湿機能という付加価値に惹かれていたのは確かです。

SHARPプラズマクラスター電気暖房機HX-L120について

購入希望対象は、タイマー付き、加湿機能付きでハイパワー、そして値段もそこそこで有名メーカーの商品でした。それで購入したのが、SHARPのプラズマクラスター電気暖房機HX-L120 でした。

暖房の適用床面積 コンクリート住宅 断熱材なし 約4.5畳(6.9m²)まで
断熱材50mm 約8畳(12.9m²)まで
木造住宅 断熱材なし 約3畳(4.9m²)まで
断熱材50mm 約6畳(8.6m²)まで
加湿の適用床面積 木造和室 8.5畳(14m²)
プレハブ洋室  14畳(23m²)
プラズマクラスター適用床面積 約6畳※1(約10m²)
消費電力(50/60Hz) 1200W/1150W
強+加湿 1200W/1150W
650W/600W
弱+加湿 650W/600W
加湿 600W/550W
1時間あたりの電気代(50/60Hz) 約32円/約31円
強+加湿 約32円/約31円
約18円/約16円
弱+加湿 約18円/約16円
加湿 約16円/約15円
加湿量(50/60Hz) 強+加湿 540mL/h/520mL/h
弱+加湿 230mL/h/210mL/h
加湿 410mL/h/390mL/h
運転音(50/60Hz) 38dB/37dB
強+加湿 38dB/37dB
34dB/32dB
弱+加湿 35dB/33dB
加湿 35dB/33dB
連続加湿時間(50/60Hz) 強+加湿 約5.0h/約5.2h
弱+加湿 約12h/約13h
加湿 約6.5h/約6.9h
タイマー入/切(同時設定可能) 入タイマー 6/7/8h
切タイマー 1/2h
二重安全転倒OFFスイッチ
切り忘れ防止機能 12時間
タンク容量 約2.7L
主な機能 ●プラズマクラスターシャワー運転 ●プラズマクラスター単独運転 ●自動フィルター洗浄運転 ●ハイブリッド加湿 ●おまかせ(自動)運転 ●うるおい(自動)運転 ●風向可変ルーバー
外形寸法(幅×奥行×高さ) 450×180×417mm
質量 約5.3kg
電源コード長さ 約1.8m

SHARPのホームページより

電源入れ始めは「強」で、部屋が暖かくなったら「弱」にする。
電気ファンヒーター、考えていたより暖かくなります。

まとめ

購入したSHARPのプラズマクラスター電気暖房機HX-L120には、機能も価格にも大変満足しています。買って良かったと思っています。しかし、この暖房機HX-L120を使用している部屋にはエアコンが無く、夏は冷風機を使っています。この冷風機が今一つの性能で、購入前に期待していた ”涼しさ” とはほど遠いものでした。

そのように夏冬の冷暖房を考えると、初めからエアコンを購入しておけば…、と今になって後悔しきりです。6畳くらいのエアコンなら設置費用を含めても、そうは変わらない金額で購入できたのではと考えています。

コメント