スポンサーリンク

ゲンキーの「ブルーに変わる紙の猫砂」が最高にいい理由

日用品

やっと出会えた、私が最高と思える猫砂。
我が家では二匹の猫がいますが、猫砂はトイレに流せる紙製を使っています。
ただ、紙製だけでもいろいろと種類があり、使用感も様々です。

私が子供の頃は、新聞紙を細かく破って段ボール箱を半分にした箱に入れていました。
吸水性が悪いので、オシッコの場合は下に敷いた新聞紙までベトベトになりました。
お金は掛かりますが、その点で言えば便利になったものです。
さて、この「ブルーに変わる紙の猫砂」について。
福井県に本社があり、中部圏に200店舗を展開するドラックストアのゲンキーの商品です。

ゲンキー株式会社は、福井県坂井市に本社を置く福井県を中心に石川県、岐阜県、愛知県で大型・小商圏型ドラッグストアチェーンを展開する企業。親会社で持株会社のGenky DrugStores株式会社が東京証券取引所第一部に上場している。
Wikipedia

今までもいろいろと紙製の猫砂を使ってきましたが、何が最高かと言えばズバリ「粒のしっかり感」となります。
しっかり感とは何か。
それは濡れて半分くらいブルーになっても、しっかり粒をキープしていること。
これが濡れてブヨブヨになる商品も多いのです。
濡れているのに、乾いた感じ。それが「粒のしっかり感」です。
また、オシッコの固まり具合も上等です。

濡れた粒は鮮やかなブルーで、猫トイレの処理が楽しくなる一品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました