日産オリジナルディスプレイオーディオの購入を考えている方へ

クルマ関係

日産オリジナルディスプレイオーディオ購入の経緯

17年乗った愛車デミオの車検満期日が2020年9月末。購入か車検か迷っているうちに残すところ3週間ばかりとなってしまいました。今後のことを考えて購入を決意。いざ、カーディーラーへ(メーカーの中間決算月ということもあり、欲しいクルマの在庫があり、なんとか車検切数日前に納車の運びとなりました)。

クルマの購入にあたって、「カーナビゲーション機器は必要ない、スマホのカーナビで十分」というスタンスで、それだけは決めていました。

最近はどこのメーカーの車にも、CarPlayやAndroid Auto対応の純正ディスプレイオーディオがラインナップされています。しかし、購入しようとした日産ルークスのカタログには、純正ディスプレイオーディオのオプションが載っていませんでした。

オーディオレスで購入し、自分で後付けを考えていると営業さんに言ってみると、なんと日産もCarPlay/Android Auto対応の純正ディスプレイオーディオの提供を始めており、ルークスにも取り付けができるとのこと。ドライブレコーダーとの連携やインテリジェントアラウンドビューモニターにも対応なので、オプションとして購入しました。


日産オリジナルディスプレイオーディオの機能

日産オリジナルディスプレイオーディオの機能です。

  • ワイドFM/AM、USB音楽/動画、Bluetooth Audio、iPod音楽、ハンズフリー電話
  • AppleCarPlay™/Android Auto™対応
  • バックビューモニター / インテリジェントアラウンドビューモニター対応
  • 純正ドライブレコーダー連動(純正でない場合は接続用コードが必要)
  • ステアリングの操作ボタンが使用可能
  • 3年間6万キロ保障
  • 価格は¥59,800(取付費込・消費税込)

どこを見ても型番を見つけることができません。「日産オリジナル ディスプレイオーディオ」が正式な名称のようです。

それでは、最新機種であるKENWOODのDDX5020Sと比較してみました。
DDX5020Sの方が、値段も安く多機能です。自分で取り付けるのが苦にならない方なら、DDX5020Sに限らず社外製のディスプレイオーディオ機器の方が多機能で良いと思われます。

項目 日産純正ディスプレイオーディオ KENWOOD  DDX5020S
画面サイズ 6.95V型ワイド 6.8V型ワイド
駆動方式 TFTアクティブマトリクス 同左
使用光源 LED 同左
DVDプレーヤー DVD-Video/VIDEO-CD/CD-DA/DVD-R/DVD-RW/DVD+R/DVD+RW
USBコネクタ 前面 背面ケーブル
オーディオ MP3/AAC/OGG/FLAC *全てUSBのみ MP3/WMA/AAC/WAV(USB)/FLAC(USB)
ビデオ MPEG2/MPEG4/H.263/H.264/VC-1/VP8/MJPEG MPEG1/MPEG2/MPEG4/WMV/H.264/MKV
Bluetooth Bluetooth Ver3.0+EDR準拠 Bluetooth Ver4.1
DSP(音質調整) 簡単な温室調整のみ 13バンドイコライザー、クロスオーバー設定
FMチューナー 受信周波数 76.0MHz~99.0MHz 同左
AMチューナー 受信周波数 522~1629kHz 同左
USBミラーリング 対応
AppleCarPlay™ 対応 同左
Android Auto™ 対応 同左
iPod/iPhone 対応 同左
ハンズフリー電話 対応 同左
外部入力端子 RCA端子、φ3.5mmミニジャック
外部出力端子 RCA端子
寸法 206×106×168mm 178×100×153mm
重量 1.6kg 1.8kg
価格 ¥59,800(取付費込・消費税込) \36,000~

USB音楽ファイルの仕様

  • 1フォルダ内の最大ファイル数:2,500(ファイル数+フォルダ数の合計)
  • 1ディア内の最大ファイル数:2,500
  • 表示可能なタグ:トラック名/アーティスト名/アルバム名/ジャンル名
  • タグ表示可能文字数:全角12文字/半角24文字
  • ジャケット写真のファイル規格:PNG形式

使ってみての感想

納車から一か月でまだまだ使い込んでいませんが、現状での感想です。

  • ラジオ:至って普通です。
  • Bluetooth Audio:まず家族のスマホは全部、Bluetooth接続の登録をしました。USBで音楽を聴く前はスマホの音楽をBluetoothで聞いていましたが、なにも問題ありませんでした。
  • USB音楽/動画:動画はまだ観ていませんが、今後も観ることはないかもしれません。音楽は聞いています。そのUSBへの音楽データ(MP3)の作成ですが、WindowsMediaPlayer(以下WMP)でCDからMP3ファイルを作成しました。この機器で問題なく聞けましたが、ディスプレイに表示されるアーティスト名や曲名が文字化けしていました。ネットで調べるとWMPで作成されるMP3のタグはID3v2.3/シフトJISというもので、この機器がシフトJISに対応していなようで文字化けしたようです。そこでフリーソフト(STEP_K)を使いコード変換をしてみると、正常に表示されるようになりました。
  • iPod音楽:未使用
  • ハンズフリー電話:未使用
  • AppleCarPlay™:未使用(子供のiPhoneで接続は確認)
  • Android Auto™:最初は接続できなくて途方にくれました。その原因は接続に使用したUSBケーブルで、データ通信ができないタイプのものでした。まだ一度もナビゲーションはしていませんが、GoogleMapでナビゲーションしたのと同じようなものだと思われます。私はスマホでは「Yahoo!カーナビ」を使っていたので、これがAndroid Auto対応になってくれると嬉しいです。
  • ドライブレコーダー連動:リアルタイム映像の表示や録画ファイルの管理ができます。また、スマホアプリをインストールしてスマートフォン連携(Wi-Fi接続)すれば、スマホでもそれらが可能です。
  • インテリジェントアラウンドビューモニター連動:バックミラー表示との切り替えもワンタッチ。バックミラーと比べ、大きく表示されるのでかなり見やすくなります。
  • バックビューモニター連動:インテリジェントアラウンドビューモニター連動と同じです。

音にこだわる訳でもない私としては機能的には十分ですが、Android Autoのナビゲーションの使い勝手がどうなのか、それだけです。ナビゲーション機能を含め、使い勝手は随時更新させていただきます。

まとめ

外部の入出力端子が無いなど拡張性に欠けますが、AppleCarPlay™やAndroid Auto™で音声アシスタントを使ったナビゲーションが使えます。地図が古くなるということがなく、いつも最新の地図が使用できます。問題としてはスマホの通信量でしょうか。しかし、「高速道路を1時間走行してナビを使っても通信量は数メガバイト」という記述もあり、そんなに心配しなくても良いかもしれません。

気になるのはUSBポートの場所です。前面左下にレイアウトされています。USBメモリスティックやUSBケーブルを挿すのには便利な場所ですが、見た目がよろしくありません。やはりDDX5020Sのように、背面から出たケーブルの方が良いと思います。

ちょっとした機能と値段を我慢できるのなら、純正のメリットである他の機器(ドラレコやバックビューカメラ等)との連動や、ステアリングの操作ボタンが使用できるこの「日産オリジナルディスプレイオーディオ」はありなのではないでしょうか。今のところ、私はこれで満足しています。

追記-20201118

少し前から、シフトレバーをリバースにした時に表示されるバックビューとインテリジェントアラウンドビューの映像が、白くぼやけて映るようになりました。一旦、シフトレバーを他のモードにしてからリバースに戻すと正常になります。バックミラーに映した場合は大丈夫なので、カメラ側の異常ではないように思います。

二つ目の不具合、時計表示を設定しても、いつの間にか設定がオフになっていることがあります。

三つ目の不具合、USBで音楽を聴いていますが、エンジン再起動後はいつも最初の曲(USB音楽の一曲目)に戻ってしまいます。これも最近起きたことで、以前は最後に聞いていた曲からまた聞けました。

日産の営業さんには説明済ですが、まだ見てもらっていません。

追記-20201125

先日の土曜日(2020/11/21)に、日産のディラーですべての不具合を確認してもらいました。そして、交換してもらえることになりました。

しかし、個体(我が家のディスプレイオーディオ)の問題ではなく、機種全体のハード的、ソフト的な問題ではないかと、少し疑っています。出たばかりの製品だし、思いっきりC国製でしたから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました