LiveSmartというスマートホームコントローラーを買ってみたら面白かった

用品・モノ

スマートホームコントローラー購入の経緯

購入後、使用頻度がだんだんと落ちてきた我が家のAlexa(Amazon Echo)。
Alexaのスキルについては、いろいろな種類のものがたくさんありますが、なかなか「これはっ!」と思えるものがありません。
使っていると言えば、朝の天気とニュース、ちょっとした質問、バスの時刻案内に猫の鳴き声でしょうか。
そこで、Alexa使用のカンフル剤として、こんなのを買ってみました。
それは、LiveSmartというスマートホームコントローラー(LS Mini)です。

スマートホームコントローラーとは

スマートホームコントローラーとはなにか。
今までよくあったのは、WiFi付のコンセントタップ(スマートプラグ)でした。
これは、そのタップに繋がった家電製品の電源を、Alexaからオン/オフさせることしかできませんでした。
そんな機能をもっと突っ込んでできるようにしたのが、このスマートホームコントローラーなのです。
家電製品の赤外線リモコンの信号をコントローラーに覚えさせることにより、スマホやAlexaからネットワーク経由で赤外線信号を発信する機器となります。
これによりスマホアプリやAlexaによる家電製品の操作が、このLS Miniだけで可能になります。
しかも、電源のオン/オフだけでなく、テレビならチェンネルの変更もできてしまうんです。

スマートホームコントローラーでできること

例えばこんなことができます。(LiveSmart(リブスマート)| Free Your Life

〇スマホや音声で家電を操作
・「アレクサ、テレビつけて」でテレビの電源をオンに。
・「サレクサ、テレビのチャンネル3にして」でチェンエルを3に変更。
・「アレクサ、ただいま」で、ルールに登録した家電が一気に作動。
〇あなたのお好みに合わせてAIが自動的に温度を調整
・朝・昼・夜で設定温度を自動調整
〇大切なこどもやペットの見守りも
・温度センサーでペットを見守り。
・子供の帰宅を外出先からカメラで見守り。
〇あなただけのルールで自動化も
・クイック(マクロ機能:ルールを実行したい時にいつでも可能)
・タイマー(曜日・時刻単位で設定可能)
・ロケーション(指定範囲に入った時、出た時にルールを実行)
・温度・照度(各種センサー情報でルールを実行)
〇IFTTT対応

LS Mini の設定

まずは、LS Miniの設定と家電製品の登録方法です。
これは、付属のマニュアルにあるQRコードをスマホで読み込んで表示させ、その通り操作します。
WiFiルーターの場所や、SSID名や接続キーなどが分かっていれば大丈夫。
私も難無く設定および家電製品の登録が完了しました。
その後に、Alexaとの連携をします。
こちらもLS Mini用のスキルをAlexaで有効にして、「デバイス」の登録を行うだけです。
これでAlexaから登録した家電製品を操作できるようになります。
人によりけりですが、私でもかなり簡単に使えるようになりました。

ただ、このLS Miniの設置場所には悩みました。
登録した全家電製品に対して、赤外線信号が届く場所を探さなければなりません。
LS Miniと家電製品の間に障害物が無くて、しかもLS Miniに電源が取れる場所となります。
我が家では、冷蔵庫の側面に付属の両面テープで取付ました。
電源は冷蔵庫用のコンセントから取りました。

LS Mini を使ってみての感想

さて、実際に使ってみて思ったこと。
「すごい時代になったなぁ…」と言うのが正直な感想です。
しかし、LS Mini用のAlexaスキルがもっと改善されるのを期待します。
「アレクサ、照明を常夜灯にして」とかが出来ないんです。
申し訳ありません、できました。
もっといろんな命令が可能になって欲しいです。

コメント