スポンサーリンク

スズキ純正 バックアイカメラ付ディスプレイオーディオ について

クルマ関係

スズキ純正バックアイカメラ付ディスプレイオーディオ購入の経緯

長い間、ずっと欲しかった自分専用車。
好きな時に乗れて、自転車を簡単に積めて、車中泊できて、そんなクルマがずっと欲しかったのです。そのため私は、あらゆる努力を惜しみませんでした。土曜日や日曜日など、妻が気付くようにその手のYouTubeを観たり、そして「いいなぁ」なんて口に出したり。そんな涙ぐましい努力の甲斐もあり、めでたく購入できたのがスズキのエブリイバン(DA17V)でした。私が一番最初に買ったクルマがパートタイム方式の4WDの5MT車でしたが、8台目となるこのクルマもパートタイム方式の4WDの5MT車となりました。

そして取り付けたのが、メーカーオプションであるバックアイカメラ付ディスプレイオーディオです。ほとんどナビゲーションを使わないので、妻専用車となった日産ルークスからナビ機能はディスプレイオーディオ一択となっています。

スズキ純正バックアイカメラ付ディスプレイオーディオの機能

スズキ純正バックアイカメラ付ディスプレイオーディオの機能です。

  • 7インチのディスプレイを備えたカーオーディオ
  • ハンズフリー通話
  • AppleCarPlay™/Android Auto™対応
  • バックビューモニター対応
  • ラジオやBluetooth®接続による音楽再生
  • 価格は¥52,800(取付費込・消費税込)

どこを見ても型番を見つけることができません。「スズキ純正バックアイカメラ付ディスプレイオーディオ」が正式な名称のようです(メーカーはクラリオンとのこと)。

それでは、日産ルークスに付けているディスプレイオーディオと機能等を比較してみましょう。値段的にもほぼ同じです。

項目 日産純正ディスプレイオーディオ 日産純正ディスプレイオーディオ
画面サイズ 7インチWVGAタッチスクリーン 6.95V型ワイド
駆動方式 TFT TFTアクティブマトリクス
使用光源 LED
DVDプレーヤー
USBコネクタ コンソール中央下 前面
オーディオ MP3/AAC/WMA/FLAC/WMV MP3/AAC/OGG/FLAC *全てUSBのみ
ビデオ USBのみ MPEG2/MPEG4/H.263/H.264/VC-1/VP8/MJPEG *全てUSBのみ
Bluetooth 最大10台まで Bluetooth Ver3.0+EDR準拠
DSP(音質調整) 簡単な音質調整のみ 簡単な音質調整のみ
FMチューナー 受信周波数 76.0MHz~99.0MHz 受信周波数 76.0MHz~99.0MHz
AMチューナー 受信周波数 522~1629kHz 受信周波数 522~1629kHz
AppleCarPlay™ 対応(iOS 8.0以降) 対応
Android Auto™ 対応(Android 6.0以降) 対応
iPod/iPhone 対応 対応
ハンズフリー電話 対応 対応
外部入力端子
外部出力端子
寸法 206×106×168mm
重量 1.6kg
価格 ¥52,800(取付費込・消費税込) ¥59,800(取付費込・消費税込)

USB音楽ファイルの仕様

  • USBメモリー:最大128GB
  • 1ディア内の最大ファイル数:20,000

使ってみての感想

使い勝手では、大きく日産のディスプレイオーディオと異なるところはありませんでした。

  • ラジオ:車体側のアンテナを伸ばさないと電波が入りません(これはエブリイの問題)。
  • Bluetooth Audio:なにも問題ありませんでした。音楽だけを聴くにはこれが一番よい方法だと思います。
  • USB音楽/動画:動画はまだ観ていませんが、今後も観ることはないかもしれません。音楽は聞いています。そのUSBへの音楽データ(MP3)の作成ですが、WindowsMediaPlayer(以下WMP)でCDからMP3ファイルを作成しました。この機器で問題なく聞けましたが、ディスプレイに表示されるアーティスト名や曲名が文字化け(機器がシフトJISに対応していない)しています。これは日産のディスプレイオーディオでも同じでしたが、フリーソフト(STEP_K)を使うと正常に表示されるようになります。
  • iPod音楽:未使用
  • ハンズフリー電話:問題なく使用できます。
  • AppleCarPlay™:未使用
  • Android Auto™:ナビアプリは主に「Yahoo!カーナビ」を使っています。USB接続をしないと使用できません。案内中に経由地等でスマホを取り外すしてしまうと、次にUSB接続してもスマホの電源を入れないと「未接続」のままとなります。この機種特有の現象ではないと考えますが、もっとAndroid Autoのことを調べたいと思ってます。
  • ドライブレコーダー連動:機能なし(要確認)
  • アラウンドビューモニター連動:機能なし(バックアイカメラ付ディスプレイオーディオなので、全方位モニター用カメラ付の車種なら表示可能かも)。
  • バックビューモニター連動:使用できます。

音楽は聴ければよい、ナビはスマホの機能で十分、そんな私としては機能的には十分です。ただやはりAndroid Autoのナビゲーションの使い勝手は、専用機と比べると今一つです。

まとめ

機能的には専用機器に劣りますが、AppleCarPlay™やAndroid Auto™で音声アシスタントを使ったナビゲーションは使えます。地図が古くなるということがなく、いつも最新の地図が使用できますが、問題としてはスマホの通信量でしょうか。私が1日250Kmくらいのドライブをした時に使った通信量は、Amazon MusicとYahooカーナビを合わせても1GB以下だったと記憶しています。また、ネットでの音楽に関しては高速通信をオフにしても問題なく聴くことができ、ナビもGoogleマップのオフラインモードを使えば、高速通信オフでも使用可能でした。
参考:「高速道路を1時間走行してナビを使っても通信量は数メガバイト」

バックカメラが付いてくるこのディスプレイオーディオの値段は52,800円です。オプションのバックカメラだけでも15,000円ほどします。その値段をどう見るか…。アルトなどでは燃費や航続可能距離、車両警告情報表示などがディスプレイ上に表示されるようですが、エブリイに関してはそれらの「車両情報」は表示されません。そんな「スズキ純正 バックアイカメラ付ディスプレイオーディオ」ですが、今のところは満足している私です。

不具合報告

2023-05-25

マニュアル操作の勘を取り戻すため、納車の日に120Kmほどドライブしました。ディスプレイオーディオとスマホをUSBで接続し、この時はGoogleナビを起動させ走っていました。ところが50Kmほど走ったところで、接続が解除された状態となりました。それからは何回となくUSBケーブルを付けたり外したりしましたが、一瞬繋がりはするのですが、すぐに未接続となりました。
一か月ほどして、ディーラーで現状を確認してもらいました。その時に確認したのは、私のスマホを他のクルマの同じ機種のディスプレイオーディオに接続してどうだったか、他のスマホを私のディスプレイオーディオに繋げてどうだったかということです。私のスマホで他のディスプレイオーディオには接続でき、他のスマホは私のディスプレイオーディオに接続できました(以前試した息子のスマホは、どういう訳か接続できませんでした)。
そんな原因不明の状態でしたが、機器を交換してもらえることになりましたが、機器が届くまでに二か月ほどの期間が掛かりました。交換後は今のところ(約半年ほど)は問題なく使用できています。

コメント