スポンサーリンク

アディダス Kanadia TR7 vs メレル CHAMELEON2 GORE-TEX

アウトドア用品

Kanadia TR7 購入動機

気に入って履き続けていたシューズの“MERRELL CHAMELEON2 STORM GORE-TEX”。
これが購入後7年でボロボロに。
よく頑張ってくれたと思います。
そこで後継シューズを選ぶことになりました。


Kanadia TR7 購入まで

使用用途は街中からちょっとした山歩きまで。
もう一度カメレオンでも良かったのですが、GORE-TEX仕様って値段が張るんです。
ウォーキング用にロード用ランニングシューズなど、歩きやすければなんでも良かったのですが、山歩きを考えればトレランシューズでしょうか。
そんな時見つけ、気に入り購入したのが“adidas Kanadia TR7”でした。

Kanadia TR7 使用してみて

購入から一年経ちました。
200Kmほど歩いて感じたウォーキングシューズとしての使用感です。

このシューズの主な特長は・・・

エアメッシュアッパーにより最大限の通気性を提供
底部に水や泥を寄せ付けない防水マッドガード
快適な布製ライナー
スリーストライプスパネルにより、直線・横方向に最適なサポート力を提供。
TRAXION™ アウトソールにより、全方向に最大限のグリップ力を発揮。

このような特徴のシューズですが、履いてみての第一印象は「軽いっ!」ということでした。
カメレオンと比べると、かなり疲れ方が違います。
長時間歩けば歩くほど、この軽さは相当なメリットになっていると感じます。
軽さによるメリットはこのシューズ固有のものではありませんが、その値段を考えるとメリットといえるでしょう。

それから足甲部のエアメッシュ素材の使用。
特長の一番目にあるように、夏でも嫌な不快感はありません。
そうかと言って、冬に履いてもスースーしてつま先が冷える、というようなこともありません。
一年中、かなり快適に使えます。

私が感じるデメリットとしては、インソールが縫い付けで外せないこと。
トレランシューズの機能上、そのような仕様になっていると思われますが、お気に入りのインソールが入れられません。
このシューズを買う前にランニング用のインソールを買っておいたのですが、それが使えないと知った時の無念さと言ったら・・・。

結論

ということで結論です。
軽さは武器です。
インソールの縫い付けは残念ですが、かなり気に入ってます。
ちょっとばかり配色に難ありだと思いますが、安くてとても良いウォーキングシューズだと考えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました