スペシャルドラマ『北の国から ’95秘密』(再見)のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

フジテレビ制作のスペシャルドラマ『北の国から ’95秘密』を観ました。
DVDでの視聴です。

今回の副題は「秘密」です。シュウ(宮沢りえ)がつぶやいた「過去を消せる消しゴムがあったらいい」がしみじみとさせます。多分、誰もがそんなことを一度は思ったことあるのではないでしょうか。自分にはあれこれと、消したい過去がいっぱいあります。

★★★★☆

作品概要

プロデューサーは山田良明、清野豊、笹本泉。
原作・脚本は倉本聰。
出演は、田中邦衛、吉岡秀隆、中嶋朋子、宮沢りえ、緒形直人ほか。

1995年6月にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマです。富良野でゴミ収集の仕事をする純は、遠距離恋愛を続けているが、れいとの間はぎくしゃくしていきます。そんな時に出会ったシュウという女性に、純は次第に惹かれていきます。一方、札幌で看護婦をしている螢は、病院を辞めて妻子ある男性と駆け落ちしていました。

作品の紹介・あらすじ

富良野でゴミ収集の仕事をする純(吉岡秀隆)は、札幌のれい(横山めぐみ)と遠距離恋愛を続けているが、二人の間はぎくしゃくしていく。そんなときシュウ(宮沢りえ)に出会い、純は彼女に惹かれていく。シュウも五郎(田中邦衛)の生活がすっかり気に入り、度々訪ねるようになった。一方、札幌で看護婦をしている螢(中嶋朋子)は、病院を辞め、妻子ある男性・黒木と駆け落ちしてしまう。ある日シュウが以前AV女優をしていたことを知った純は、過去を詮索するような口のきき方をしてシュウを傷つけてしまう。そして気まずい関係のまま、会えない日が続いていた。その頃五郎も、黒木の妻(大竹しのぶ)が訪ねてきたことにより、螢の不倫を知り純の車で螢の元へ向かった。「何をしようと、俺は味方だから…いつでも富良野に帰ってくるんだぞ」それだけ言うのが精いっぱいだった。ある日れいから純に、今日午後嫁ぐという電話があった。純は車に飛び乗り、れいのいる札幌に向かった。車のワイパーには、今夜会ってほしいというシュウからのメモが。木立の陰からウエディング姿のれいを見つめる純。アパートに帰った純に、五郎は、シュウに会いに行くよう告げるが…。
『北の国から ’95秘密』BSフジ

感想・その他

純の恋人シュウが、過去にアダルトビデオに出演したいました。それを知った純、どうしてもそれを気にせずにはいられないのです。今回ばかりは純の心の葛藤はよく分かりました。今なら違うけど、そんな頃の自分なら、絶対に許せないかな。冒頭のシュウの言葉、そんな過去を消しゴムで消したいと言っている訳です。人それぞれ秘密にしておきたいことの一つや二つ、絶対にありますよね。

お前の汚れは、石鹸で落ちる。
けど、石鹸で落ちない汚れってもんもある。
人間、長くやってりゃあ、どうしたってそういう汚れはついてくる。
お前にだってある。
父さんなんか汚れだらけだ。
そういう汚れは、どうしたらいいんだ、えっ?

シュウから打ち明けられた五郎が、純に言った言葉。そうその通りなんです。でも、その通りなんだけど、理屈じゃないんだよな、こればっかりは…。過去のことだと分かっているから、余計に辛い。


北の国から 95 秘密 [DVD]

コメント