スペシャルドラマ『北の国から ’98時代』(再見)のあらすじ・感想など

ドラマ

フジテレビ制作のスペシャルドラマ『北の国から ’98時代』を観ました。
DVDでの視聴です。
プロデューサーは山田良明、笹本泉。
原作・脚本は倉本聰。
出演は、田中邦衛。

 1997年、初夏。落石に暮らす螢(中嶋朋子)の元に正吉(中沢佳仁)がやってきた。「仕事がこっちにあって…」という正吉は、富良野の近況をいろいろと話し始めた。
近頃、炭焼きに凝って完次(小野田良)のやっている有機農法の手助けをしているという父・五郎(田中邦衛)。一緒に暮らしている純(吉岡秀隆)は、今ではすっかりゴミ収集のベテランになって、恋人のシュウ(宮沢りえ)ともうまくいっているらしい。そして、近く結婚するという完次の相手ツヤ子(小池美枝)というのは、実は完次の弟・チンタ(永堀剛敏)の元彼女だった、という事など、富良野の近況を報告していった。
しかし、純とシュウの間は実際はうまくいっていなかった。純がシュウの家族に挨拶に行った直後、シュウは、実家に帰ってくるよういわれたのだ。自分の職業が気に入られなかったと思い悩む純は、すっかり落ち込んでしまう。その上、螢が金を工面するために、富良野に戻ってきているというのだ。和夫(地井武男)や正吉だけではなく、離婚して富良野に戻っていた雪子(竹下景子)のところにもやってきたという螢。しかし純と五郎の所に螢はやってこなかった。純はさらに落ち込んでしまう。
螢は一体何のために金が必要なのか、だれもその理由を知らない。しかし、最後に訪ね、金を用意してくれた草太(岩城滉一)にだけは、螢は本当のことを打ち明けていた…。
『北の国から ’98時代』(前編)BSフジ

螢(中嶋朋子)と正吉(中沢佳仁)の結婚が決まった。螢が結婚の日まで、石の家で暮らすことになり、喜びを隠しきれない五郎(田中邦衛)。だがシンジュク(布施博)が、螢のお腹の子の父親が実は、正吉の子ではないことを和夫(地井武男)から聞いてしまう。
草太(岩城滉一)は、そんな事はともかく、今は螢の門出を盛大に祝ってやることが大事だというが、実は子供のことは、誰もが疑いを持ち始めていることだった。正吉のことを誰よりも知る純(吉岡秀隆)も、そして五郎さえも…。
ある日、五郎は螢のいない間に、母子手帳を見て真実を知ってしまう。そして、シュウ(宮沢りえ)のもとを訪ね、螢の結婚のことや、純が頻繁に来てくれるようになったことなどをシュウに話した。五郎は、今までになかったほど幸せを感じていることを伝え、シュウに自分たちのそばにいて欲しい、と伝えた。それからしばらくして、シュウは純へ久しぶりに連絡をとるのだった。
そんなある日の事だった。完次(小野田良)が行方不明になったという知らせが五郎と純のもとへ入った。資金繰りができなくなり、離農を迫られたという完次。純は、正吉、チンタ(永堀剛敏)らと一緒に必死で完次を探しはじめた。純は完次の離農を言い渡したのが草太だと聞き、ショックを受ける。
それからしばらくして、純は正吉から、草太が完次の住んでいた家に住まないかと持ち掛けてきたことを聞かされた。実は、純も草太から仕事を手伝わないかと誘われていた。ある夜、話があると草太にスナックに呼ばれた純は、また仕事の誘いをうけ、手始めとして、明日完次のところから引き取ったトラクターを運ぶのを手伝ってくれといわれたが、協力はできないときっぱりと断った。スナックにいた客からも非難の言葉を浴びせられた草太は、怒って店を出ていってしまう。
その翌日、純は雪子(竹下景子)の店へシュウへのクリスマスプレゼントを買うためにやってきた。忙しそうな雪子の代わりに鳴り響く電話を取った。それは五郎からで、受話器から聞こえてきた言葉に、純は呆然と立ち尽くすのだった…。
『北の国から ’98時代』(後編)BSフジ

長いドラマでした。
前後編で5時間は優にあったと思います。

「’98時代」はなんと言っても螢と正吉の結婚ですね。
他にも草太の死とかがありましたが、ここは本筋黒板家の結婚話でしょう。
草太から螢との結婚を勧められた正吉。
「世話になっただろう」「家族だろ」と昔のことを言われます。
螢にずっと淡い恋心をいただいてきた正吉ではありますが、それはちょっと無茶ぶりだろ(笑)
しかし、正吉は結婚して、蛍のお腹の子供を自分の子として育てる決心します。
一旦は結婚の申し出を断られた正吉ですが、100万本のオオハンゴンソウ作戦。
送られたオオハンゴンソウが溢れた部屋の中でうっとりする螢、これは正吉の夢想なのか。
そんなこんなで、正吉との結婚を決めた螢。
ドラマの中では正吉の奮闘ぶりばかりで、螢の気持ちの変化はまったく映像に無し。
どうやって螢の気持ちが変化していったのか、本当はその辺りを観たかったですね。
そして、最後の結婚式。
感動的な草太のスピーチ(生前のもの)が泣かせます。
中島みゆきの「時代」ととに映し出される今までの映像。
もうその辺でお腹いっぱい、と思うくらいいろいろ流れます。
これで最終回、それでもよかったと思える終わり方でした。

★★★★☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました