スポンサーリンク

スペシャルドラマ『北の国から 2002遺言』(再見)のあらすじ・感想など

ドラマ

フジテレビ制作のスペシャルドラマ『北の国から 2002遺言』を観ました。
DVDでの視聴です。
プロデューサーは中村敏夫、杉田成道。
原作・脚本は倉本聰。
出演は、田中邦衛。

 草太(岩城滉一)が事故で亡くなってから4年が経った。草太から引き継いだ牧場の倒産で、純(吉岡秀隆)と正吉(中沢佳仁)は借金を抱え富良野から出て行った。
螢は3歳になる息子・快(西村成忠)と富良野で暮らしていた。五郎(田中邦衛)にとっては孫の快が唯一の生きがいであった。ある日、和夫(地井武男)の元に娘のすみえ(中島ひろ子)が帰って来た。結婚が決まったというがすでにお腹には子供がいるらしい。すみえの結婚相手の清水正彦(柳葉敏郎)は、五郎が廃棄物で作った雪子の家を見て感動し、自分とすみえの新居を建てて欲しいと頼み込み、五郎は新居作りに着手することになった。そんな時、久し振りにシュウ(宮沢りえ)が五郎を訪ね、近く結婚して神戸に行くことを話し、純にあてた手紙を置いて行った。その時、五郎の下腹部は急に痛みだし、螢に言われ続けた精密検査を受ける決心をする。純はシュウの手紙を、羅臼という漁師町で受け取った。廃棄処理業をしながら暮らす純は、ある日コンビニの店員・高村結(内田有紀)と出会い、魅かれていく。しかししばらくして純は、結が人妻で、その義父・吾平(唐十郎)がトドと呼ばれる気性の激しい男だと聞かされた。ある日螢は、病院でみずえ(清水まゆみ)の姿を見つけた。そしてその時、病院の駐車場でみずえを送り届けて戻った和夫の手は小さく震えていた…。
『北の国から 2002遺言』(前編)BSフジ

螢(中嶋朋子)の勤める病院にみずえ(清水まゆみ)が入院してきた。肝臓に癌が転移しておりすでに手の施しようがなかった。その日、一緒に新居作りをしていた新吉(ガッツ石松)が「遺言を書いているか?」と切り出してきた。新吉のすすめもあり、五郎は元中学校の校長の山下(杉浦直樹)に習い、遺言を書いてみることにした。
ひょっこりトド(唐十郎)が五郎を訪ねてやって来た。二人は、仕事や子供のことを語りあったが、五郎は最後までトドの素性を知らなかった。
そして純(吉岡秀隆)は、流氷を親父さんに見せるようトドに言い渡された。羅臼までの交通手段と同封された費用を受け取った五郎は、この冬の羅臼行きを決めた。その頃、結(内田有紀)の夫・弘(岸谷五朗)が町に戻って来た。呼び出され叩きのめされた純。純は自分の決心を告げに弘のもとに乗り込み、そして結の手には猟銃があった。
流氷が来て、五郎が羅臼にやって来た。純は富良野に帰ろうと思っていること、結のことを打ち明けた。翌朝、純はトドがトド撃ちに行ったまま戻って来ないことを知らされた。漁船での捜索、巡視船も出された。そんな中、純も弘も迎え火を焚いてトドの帰りをひたすら待つのだった。
時をほぼ同じくして、富良野からみずえの死の報が入り、純は2年振りに富良野に帰ることになった。そして螢の元には正吉(中沢佳仁)からの手紙が届いた。
『北の国から 2002遺言』(後編)BSフジ

北の国からシリーズを一気観した訳ですが、そう時間はなんと約40時間。
それもとうとうフィナーレです。
しかし、個人的見解を書かせてもらえば、この「2002遺言」は要らなかったかな。
そんな気がします。

金なんか望むな。
幸せだけを見ろ。
ここには、なんもないが自然だけはある。
自然は、お前らを死なない程度には、充分毎年食わしてくれる。
自然から頂戴しろ。
そして、謙虚に慎ましく生きろ。
それが父さんの、お前らへの遺言だ。

五郎さんが書いた遺言。
連続ドラマの時から倉本聰さんが言いたかったことは、一貫してこれなんですね。
「謙虚に慎ましく」、そうなんですが、それができないのが人間。
そんな達観した人生を歩めれば、お金以外のいろんな苦悩から解放させるんでしょうね。

さて、今ドラマで一番笑ったのが、この場面。
羅臼に行った五郎さん、純の番屋小屋で一夜を明かした翌朝。
寒風吹きさらす番屋小屋の前で、立小便・・・。
そこへ純の恋人である結(内田有紀)が足ってきます。
慌てて小便を切り上げ、ナニを仕舞い込む五郎さん。
小屋に戻った五郎さんの肌色の股引は、小便でビショビショに(笑)
こういう細かいところがいいですね。

★★★☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました