NHKスペシャル『ドラマ 星影のワルツ』のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

NHKスペシャル『ドラマ 星影のワルツ』を観ました。
NHK BSプレミアムで2021年4月24日午後7時半より放送されました。

NHK総合で2021年3月7日に放送されましたが、その時は観ることができず悔しい思いをしました。今回BSプレミアムでも放送されることになり、やっと観ることができました。しかし、期待が大き過ぎたのか、少し物足りなさを感じました。

★★★☆☆

作品概要

スタッフに峰尾賢人、大石みちこ。
出演は遠藤憲一、菊池桃子、川栄李奈、岡山天音ほか。

2011年3月11日の地震発生後、大谷孝志60歳は南相馬の自宅に帰って来た。家には妻がおり、避難しなければならなかったが、逃げ遅れ家の2階で津波にのみ込まれることになった。紐で結び合った夫婦であったが、離ればなれになってしまいます。濁流の中で大谷は、偶然見つけた自宅のトタン屋根によじ登って妻を捜したが…。三日後に海上自衛隊のイージス艦に救助されるまでと、その後を描きます。

作品の紹介・あらすじ

ずっと一緒と思っていた…
津波で3日間 漂流を続けた男の実話に基づく物語。

東日本大震災から3日、福島沖15㎞の海で屋根に乗って漂流する男性がイージス艦に救助された。南相馬市の自宅で津波にのまれた60歳の農家・大谷孝志。妻恭子を奪った海でひとり絶望と戦った。耐え難い寒さと渇き。押し寄せる瓦礫。目の前で爆発する福島第一原発…。死を覚悟し、妻との日々をふりかえるたび奇跡のように流れ着く希望の品々。「恭子、生きろというのか」。クラゲの光に励まされ、妻の愛唱歌「星影のワルツ」で生きる力を取り戻す。あたりまえの日常がどれほど尊い時間だったか…。実際の救出映像やニュース映像を随所に使い、10年前の震災の記憶を新たにしながら、人間の底力と家族の絆を深く描く。

NHKドラマ

感想・その他

寒いだろうし、お腹が空いたであろうし、のどの渇きは想像を絶するものであったと思われます。しかし、それが今一つ私には伝わって来なかったのです。主演の遠藤憲一さんの飄々とした演技の所為なのか、それが残念で仕方ありませんでした。

題名にもなっている「星影のワルツ」は、調べてみると1966年に発表された歌でした。発売当時はB面曲でした。千昌夫がこの歌を気に入っており、歌い続けたことにより、有線放送で火がついて、最終的には累計売上は250万枚の大ヒット曲となりました。そんな当時、私はまだ小学校に上がる前ですが、この歌はよく聞いて知っています。聞いているのは小学生になってからだと思いますが、当時は歌番組もたくさんあり、ヒット曲ということでかなりラジオやテレビで流れていたんでしょう。心地よい曲に心に沁みる歌詞。名曲です。

さよならなんてどうしても
いえないだろうな泣くだろうな
別れに星影のワルツをうたおう
遠くで祈ろう幸せを
遠くで祈ろう幸せを
今夜も星が降るようだ

コメント