NHK特集ドラマ『流れ星』のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

NHK特集ドラマ『流れ星』を観ました。
NHK BSプレミアムで2021年3月22日午後9時より放送されました。

よいストーリーではありますが、松坂慶子さんの演技と容姿が気になって仕方ありませんでした。同年代で言えば竹下景子さんや田中裕子さんなんかが演じれば、また違った評価になった気がします。

★★★☆☆

作品概要

原作は宅間孝行。
制作統括は谷口卓敬(NHK)、水野綾子(共同テレビ)。
脚本は阿相クミコ。
出演は松坂慶子、桐山照史、黒島結菜、尾美としのり、船越英一郎他。

亡くなった夫の四十九日の日に、その妻・夏子の前にとつぜん現れた魔法使い。夏子の希望で二人は50年前へと時を遡ります。夏子には、どうしても確かめたいことがありました。そして夏子は、今まで思ってもみなかったことを知ることになります。

作品の紹介・あらすじ

主人公は、冷えた夫婦関係が長年続き、夫との会話もめっきり少なくなった女性・夏子(松坂慶子)。ある日、夫・謙作(船越英一郎)は外出先で命を落とし、ひとりきりになった夏子の前に魔法使い・マリー(黒島結菜)があらわれ、願いを4つまでかなえると言う。夏子は「夫と出会う前の過去にタイムスリップしたい」とリクエスト。夏子とマリーは50年前に時をさかのぼる。
夏子がそこで出会うのは、若き日の謙作(桐山照史(ジャニーズWEST))、高校生のころの夏子自身(平祐奈)、存命だったころの父・慎太郎(尾美としのり)たち。夏子は自分の正体を偽って過去の日々をふたたび生き、そして、当時憧れていた教師・中富(堀井新太)と別れることになった本当の理由と、自分が知らなかった夫の隠された真実を知ることになる。時間旅行のさいごに夏子を待つものは? 夏子が魔法使いに申し出るさいごの願いは…?
NHKドラマ

感想・その他

今回の願い事で夫の愛情に気付き、四つ目の願いで夫・謙作(船越英一郎)の亡くなる日に戻った夏子は、謙作に感謝の気持ちを伝えます。そして出かける謙作に「必ず帰って来て」と声を掛けます。そして空には流れ星が…。「掟(人を殺したり、死んだ人を生き返らせたりしない)」を破った魔法使いは星にされる。そう、魔法使い・マリー(黒島結菜)は掟を破ったのでしょう。

「愛の水中花」なんかを歌っていた頃の松坂慶子さんからは、今の彼女は想像できません。網タイツを身にまとい、艶めかしく踊って歌っていたのは40数年前。私はまだ中学生だったと思います。そんなイメージしかなかった松坂慶子さんですが、いつ頃からか横に大きくなられて同時の面影はまったく無し。演技も映画『鎌田行進曲』の時と変わっておらず、とても上手い演技だとは私には思えません。

コメント