NHK東日本大震災10年 特集ドラマ『あなたのそばで明日が笑う』のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

NHK東日本大震災10年 特集ドラマ『あなたのそばで明日が笑う』を観ました。
NHK総合で2021年3月6日午後7時半より放送されました。

綾瀬はるか主演なら、なにをおいても観なければなりません。あと高良健吾さんに池松壮亮さん、出演者は好きな人たちばかりですが、ドラマの出来栄えとしては今一つに感じました。大きな要因はエンディングでしょうか、最後の「離れていても一緒にいてください」ってなんだよう…。

★★★☆☆

作品概要

原作・脚本は三浦直之。
制作統括は磯智明(NHKドラマ番組部チーフ・プロデューサー)。
出演は綾瀬はるか、池松壮亮、高良健吾他。

主演には綾瀬はるかと池松壮亮。宮城県石巻市を舞台に、行方不明の夫を待ち続ける女性と震災を知らない建築士の心の触れ合いを描いています。建築士と出会い、家族に見守られて、また笑顔を取り戻すまでの心温まるストーリーです。

作品の紹介・あらすじ

宮城県石巻市の復興住宅で一人息子と暮らす真城蒼(綾瀬はるか)。一見、平凡な日々を過ごしている様に思えるが、震災の津波で行方不明になった夫の高臣(高良健吾)を待ち続けている。さらに、津波で夫と義母の浅子(阿川佐和子)が経営していた本屋兼自宅を失い、跡地は災害危険区域に指定。元の場所へ戻ることが出来ずにいる。

発生から10年。蒼は空き家をリノベーションして、本屋を再開させることを決める。その時、義妹・遥(土村芳)の紹介で、人付き合いが苦手な移住者の建築士・葉山瑛希(池松壮亮)と出会う。当初は性格や境遇の違いからすれ違う二人だったが、本屋を一緒に作るうちに互いに打ち解ける。二人は順調に見えたが、夫である高臣の存在が大きく、蒼も瑛希も踏み込むことが出来ずにいた。

Wikipedia(あなたのそばで明日が笑う)

感想・その他

高臣(高良健吾)が砂浜で探す婚約指輪って、普通は箱に入ってますよね。指輪を単体で持っていたんでしょうか。あの探しっぷりだと高臣は単体で持っていたようなんですが、どうやって落としたんでしょうね。箱から出して見ていて落としたなら、すぐに見つけられそうだし…。そんなしょうもないことが、気になって気になって仕方ありませんでした。

先日読んだ新聞の記事に載っていた写真には、2,3メート嵩上げして整地した土地にポツンと建っている4階建てほどのビルが写っていて、その嵩上げ具合がよく分かる写真でした(そのビルのオーナーは、その屋上の突起部分で助かったそうで、避難所に逃げたお母さんと弟さんは亡くなったそうです。そのビルは壊すことも考えたそうですが、自分を助けてくれたビルとして残すことにしたそうです)。このドラマの中でも、10年経ってもまだまだ復興中なんだと思わせる風景があちこち映し出されています。10年という区切りは我々震災をしらない者たちの区切りであって、当事者である被害者にとっては区切りなんてないんだなと思い知らされました。

コメント