NHK宮城発地域ドラマ『ペペロンチーノ』のあらすじ・感想

ドラマ

私的評価

NHK宮城発地域ドラマ『ペペロンチーノ』を観ました。
NHK BSプレミアムで2021年3月6日午後10時半より放送されました。

この日は綾瀬はるか主演で同じくNHKのドラマである『あんたのそばで明日が笑う』も放送されましたが、断然こちらのドラマの方が良かったです。演技が上手いと言われている草彅剛さんですが、なんか初めて本当に上手いんだな思い、草彅さんを見直しました。

そうだったんだぁ!、と最後は涙が…。

★★★★☆

作品概要

制作統括は青木一徳(NHK仙台放送局)。
脚本は⼀⾊伸幸。
出演は草彅剛、吉田洋、國村隼、矢田亜希子他。

『ペペロンチーノ』は、NHK仙台放送局制作による「宮城発地域ドラマ」としてNHK BSプレミアムおよびNHK BS4Kで2021年3月6日に放送されたテレビドラマ。

宮城県牡鹿半島の海を臨むイタリアンレストランのオーナーシェフを主人公に、東日本大震災から10年を迎える被災地の復興と被災者の心の再生を描いた群像劇。一色伸幸脚本。

撮影は4K制作で、宮城県牡鹿郡女川町および牡鹿半島(石巻市)にて2020年冬に行われる。NHK東日本大震災プロジェクトの一環として制作。

Wikipedia(ドラマ:ペペロンチーノ)

作品の紹介・あらすじ

東日本大震災から10年後の2021年3月11日、宮城県牡鹿半島にある海を臨んだイタリアンレストランのオーナーシェフ・小野寺潔は、被災地が厳粛な雰囲気に包まれるこの日にあえて酒を飲んで騒ごうと、自分に勇気を与えてくれた友人たちを招いて宴を開きました。

潔の意図が分からず訝しがる友人たちに対して潔は、東日本大震災で経営していたレストランを流されアルコール依存から自暴自棄となった自分が、美味しい料理を研究し、どのようにレストランを再建したのかを語り始めます。この宴に込められた深い思いとは何か。そんな心温まるストーリーです。

感想・その他

草彅剛さんと吉田洋さんが夫婦役。「かなりの姉さん女房だな」なんて考えてしまいましたが、実際は一つ違いだけでした。草彅さんは若い印象でしたが、もう結構いい歳なんですね。テレビ番組「夢がMORI MORI」で初めてSMAPというグループを知った訳ですが、誰が誰なのか当時はまったく興味もなく、知りたくもありませんでした。ただメンバーは皆、子供のようでしたから、いつまで経っても若く感じてしまうんでしょうね。

ドラマの方と言えば、我々をビックリさせ、ほろりとさせるエンディングでした。主人公がアルコールに依存し自暴自棄になる原因が何だったのか。エンディングを観て分かってしまえば、「ああだから…」なんですが、とてもよくできた脚本でした。

コメント