新春ドラマスペシャル『人生最高の贈りもの』のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

テレビ東京の新春ドラマスペシャル『人生最高の贈りもの』を観ました。

私のお気に入りである岡田惠和さんの脚本なので、期待に違わず間違いのないすばらしい作品でした。途中までの「ゆり子の帰省のなぞ」は視聴者の関心を引き付けます。そのなぞが分かってからは、涙無しでは観られなくなりました。その最後まで見せないドラマの終わり方にも、とても好感が持てました。

そして観終わった後に思う、ドラマタイトルの付け方の巧みさ。続けて2、3回は観られそうなドラマでした。

最近は、NHKとテレビ東京の番組ばかり観ている気がする。

★★★★☆

作品概要

脚本は岡田惠和。
演出は石橋冠。
制作はテレビ東京、ホリプロ。
出演は石原さとみ、寺尾聰、向井理、勝地涼、キムラ緑子、角野卓造他。

このドラマ『人生最高の贈りもの』は、脚本・岡田惠和のオリジナル作品です。テレビ東京新春ドラマスペシャルとして、2021年1月4日午後8より放送されました。114分の作品です。

作品の紹介・あらすじ

東京・豊島区。鬼子母神堂の裏手に佇む小さな洋館に、元大学講師の翻訳家・笹井亮介(寺尾聰)は暮らしている。妻に先立たれ一人暮らしとなった今は、家事も料理も完璧にこなすが、仕事は自由奔放。〆切を守らない亮介に、担当編集者・野村(勝地涼)はいつも隣で頭を抱えていた。さらに近所に住む原口光代(キムラ緑子)は、亡き妻から「主人をよろしく」と頼まれたのを口実に、毎日勝手に家に上がり込んでいる。
一方、亮介の一人娘・ゆり子(石原さとみ)は、長野県安曇野ののどかな町で、亮介の元教え子で教師の夫・田渕繁行(向井理)と暮らしていた。ところがある日、ゆり子が父のもとに帰ってくる。連絡もなく突然の帰省に驚く亮介は理由を尋ねるが、ゆり子は一切語ろうとしない。わかったのは家にいる期間を決めていないということだけだった。これまで「父と娘」の会話をろくにしてこなかったため、二人の間にはぎこちない雰囲気が漂う。こうして始まった父と娘の2人暮らし。緊張しつつも温かく穏やかに過ぎていくが…。
TV東京


感想・その他

なぜか今まで毛嫌いしていた石原さとみさん。そんな訳で、彼女のドラマや映画ってあまり見ないんですが、高飛車で生意気な女性の役が多いように思います。そんな演技が気に入らない理由のように思われますが、そもそもそれは演技であって、それで毛嫌いするのも彼女に失礼な話ではあります。実際のところ、同じホリプロの綾瀬はるかファンである私の気持ちが、そうさせているんでしょう。ファンであるが故の石原さとみ憎しというところでしょうか。とは言えこのドラマでは、役どころに彼女はピッタリな感じで、「あれっ、石原さとみも結構いいぞ」と思わせてくれました。結婚もしたことだし、もう毛嫌いするのは止そうと思います。

ただ、このドラマの中での酒焼けしたような彼女の声って、なんだったのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました