NHK土曜ドラマ『ノースライト』のあらすじ・感想など

その他

私的評価

NHK土曜ドラマ『ノースライト』を観ました。
NHK総合で2020年12月12日と12月19日に放送されました。

NHKのドラマで、原作が横山秀夫、主演が西島秀俊なら、これを観ない手はありません。原作は読んでいませんが、ドラマはやはり、私の期待を裏切らないものでした。前編で「失踪家族はどこへ消えたのか」と、我々視聴者に興味を引き付け、後編で少しずつその謎を解いてゆきます。最後はとても暖かい気持ちになれました。

★★★★☆

作品概要

原作は横山秀夫の同名小説。
制作統括は佐野元彦(NHKエンタープライズ)。
脚本は大森寿美男。
出演は西島秀俊、北村一輝、田中麗奈、宮沢りえ、伊藤淳史他。

『ノースライト』は、横山秀夫の長編推理小説。旅行雑誌『旅』(新潮社)2004年5月号から2006年2月号に連載、大幅な加筆修正を経て新潮社より2019年2月22日に刊行された。主人公の建築士が自分の設計した家にブルーノ・タウトゆかりの椅子を残し姿を消した一家の謎を追うミステリー。
NHK総合「土曜ドラマ」にて西島秀俊主演でテレビドラマ化され、2020年12月12日と12月19日に放送された。
Wikipedia(ノースライト)

作品の紹介・あらすじ

主人公の青瀬稔は、大学の同級生で友達の岡嶋が経営する建築設計事務所に勤める一級建築士。バブル崩壊後に建築士としての挫折を味わい、それから立ち直れずにいた。そんな青瀬のもとにある日、吉野という夫婦からちょっと風変わりな依頼が舞い込む。それは「あなた自身が住みたい家を建ててください」というこの依頼。ふたたび建築への情熱を取り戻した青瀬は、北側から差し込む柔らかな光(ノースライト)を取り入れた家「Y邸」を完成させた。Y邸は建築雑誌でも紹介され、彼の代表作となるのだが…。やがてY邸が「空き家」となっていると聞いた青瀬は、建築先の信濃追分へ車を走らせた。望まれて設計し、施主の一家も喜んでいたY邸は無人だった。そこに越してきた形跡はなく、ただ一つ、浅間山を望むように「タウトの椅子」が置かれていた…。このY邸でいったい何が起きたのか?吉野一家はどこへ消えたのか?

感想・その他

主人公・青瀬の元妻役で出演しているのが宮沢えりさん。彼女は1973年生まれの47歳。もうそんな年齢なんだとしみじみとしましたが、私と10も違わないとは驚きできた。『とんねるずのみなさんのおかげです。』に出演していた10代の彼女を観ていた私も、まだ20代そこそこだった訳で、考えてみればそんなに驚くこともありませんでした。映画『たそがれ清兵衛』の役とか、今回のドラマの役とか、こういうもの静かでも芯の強そうな女性というのか、現在の彼女はそんな役が合ってます。しかし、お相撲さんと婚約発表したころの彼女は、とても健康的で本当にキレイでした。

コメント