海外ドラマ『リーマン・ブラザーズ 最後の4日間』のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

海外ドラマ『リーマン・ブラザーズ 最後の4日間』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

一時間弱の内容でしたが、観始めからどんどん引き込まれ、あっと言う間で観終えた感じです。こんな内容なら、もっと内容を詳細かつ濃くして、連続ドラマとして観たいと思いました。大変面白いのでぜひ観て欲しいドラマですが、事前に「リーマン・ショック」とはなんだったのかを調べておくと、より一層楽しめるのではないかと思いました。

★★★★☆

作品概要

監督はマイケル・サミュエルズ。
製作はリサ・オズボーン。
脚本はクレイグ・ワーナー。
出演はジェームズ・クロムウェル、コーリイ・ジョンソン、ローラ・ブルック他。

2007年の住宅バブル崩壊をきっかけにした、金融業界の破綻、そしてファニー・メイやフレディ・マックなどの連邦住宅抵当公庫への米政府の救済措置。そして、2008年9月のリーマンブラザースの64兆円という米国史上最大の負債額での倒産…。その倒産に至るまでの最後の4日間描いた物語です。

作品の紹介・あらすじ

2008年9月12日の金曜日。NYのタイムズスクエアにあるリーマン・ブラザーズの本社に激震が走る。
米国第4位の規模を持つ証券会社・投資銀行であった同社だが、前年に発覚したサブプライムローン問題の影響で、同年6~8月期の純損失が39億ドルにも達したと判明したからだ。それから同社が倒産するまでの4日間、同社の経営陣は合衆国政府などに救済を求めながら何とか社の延命をめざしたが、同社の株価の急落を止めることはできなかった。しかしその背後には金融界や米政府を含む、様々な思惑がうごめいていた……。実話に基づき、歴史に残る数日間をリアルに再現した衝撃の実録ドラマだ。
WOWOW


感想・その他

リーマン・ブラザーズ・ホールディングスの経営破綻に端を発した「リーマン・ショック」。その発端となったサブプライムローンのなにが問題だったのか、分かりやすいドラマ中のドラマとして再現してくれたりしています。それもちょっとコメディタッチで。そしてなんと言っても、経営破綻するまでの手に汗握る展開、そこではなにが起こっていたのか。そんな興味深い内容です。「リーマン・ショック」とはなんだったのか、知っているようで実はなにも知らなかった私。観終えた後、ネットで「リーマン・ショック」について調べました。これで再観すれば、面白さも倍増するのかもしれません。

しかし、日本円にして64兆円の負債とは。当時の日本の国家予算は80兆円とのこと。Wikiによれば、破綻から10年後の2018年時点、リーマン・ブラザーズには80人近い従業員が働いており、資産売却で得た収入を債務者へ返済しているそうです。その返済額は、当初の計画の倍である13兆円が完了しているとのことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました