連続ドラマW『石の繭 殺人分析班』のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

WOWOWの連続ドラマ『石の繭 殺人分析班』を観ました。
Amazonプライムビデオでの視聴です。

全体的には面白かったです。ただ、第2話で犯人が分かってしまいました。それは、こんな役でこの俳優さん(名前は知らない)が、と思ったからです。普通なら顔も知らない俳優さんがやるような役でしたから。もう犯人はこの人だぁ、そう思いました。案の定、犯人はそのお方。しかし、それでもいろいろな謎のパズルがひとつづつハマっていき、ストーリー的にも問題なしで観られます。

★★★☆☆

私的評価

監督は内片輝。
原作は麻見和史の『石の繭』、『警視庁捜査一課十一係シリーズ』の第1作です。
脚本は渡辺謙作。
主演は木村文乃。その他出演者には、青木崇高、渡辺いっけい、平岳大、北見敏之ほか。

2015年秋にWOWOWで放送されました。全5話。

木村文乃が、正義感が強いが経験が少なく危なっかしい警視庁捜査一課の刑事を演じます。原作は麻見和史による警察小説シリーズ『警視庁捜査一課十一係』の第1作です。如月塔子と彼女が所属する警視庁捜査一課十一係の刑事たちの活躍を描きます。

作品の紹介・あらすじ

あらすじ
刑事だった父の後を継ぎ、警視庁捜査一課十一係の刑事となった如月塔子(木村文乃)。
ある日、廃ビルの地下室で、床にセメントで塗り込まれた死体が発見された。犯人は一体何故こんな殺し方をしたのか?
捜査会議が始まり、その最中に“トレミー”と名乗る犯人から捜査本部に電話が入り、塔子が交渉相手となる。
殺人に関するヒントを提示しながら警察を愚弄・挑発するトレミー。
やがてトレミーから第二の犯行予告の電話が入る。
そして予告通り第二の犠牲者が出た。
被害者はまたもセメントで塗り固められていた。

連続ドラマW

感想・その他

このドラマを観ていてちょっと違和感を覚えたのが、倉庫が爆破されるシーンでした。「危ない、逃げと!」と言っている主人公は、なぜだか逃げずにフラフラと。死にたかったのか? どんな演出だったのかな、と不思議でならないシーンでした。

主人公の指導官役の青木崇髙さん。我が家での通称は「優香の旦那さん」で、一応は見知っていました。今回このドラマで初めて演じているのを観ましたが、なかなかいい感じですね。見れば見るほど味が出てくる顔つきでもあります。

それにひきかえ、主役の木村文乃さんの演技はイマイチですね。演技が鼻に付くというか、なにか違うんですよ。あの耳障りな声でしょうか。それだけは残念でたまりません。


連続ドラマW 石の繭 殺人分析班 [DVD]

コメント