連続ドラマW『イノセント・デイズ』のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

WOWOWの連続ドラマ『イノセント・デイズ』を観ました。
Amazonプライムビデオでの視聴です。

心にガツンとくるドラマでした。救いのない結末であり、ドラマを通して知る幸乃の生い立ち。そして、私の中に芽生える幸乃への何とか救いたいという気持ち。希望のある結末を信じていましたが…。

★★★★☆

作品概要

監督は石川慶。
原作は早見和真の同名のミステリー小説です。
脚本は後藤法子。
主演は妻夫木聡。その他出演者には、竹内結子、芳根京子、ともさかりえ、余貴美子ほか。

2018年春にWOWOWで放送されました。全6話。

幼なじみの女性の死刑執行が迫る中、無実を信じ続ける佐々木慎一は、彼女の凄絶な半生を知るとともに、意外な真実にたどり着く。

作品の紹介・あらすじ

「被告人を死刑に処す」
佐々木慎一(妻夫木聡)は、幼なじみの田中幸乃(竹内結子)が、元交際相手の住むアパートに火を放ち彼の妻子を焼死させたとして死刑判決を受ける姿を法廷で見つめていた。
幼少期の幸乃を知り、そしてある負い目を持つ慎一は、彼女が真犯人ではないと直感。幸乃を救いたい一心で、味方を探して幸乃の姉や中学校時代の同級生など彼女の人生を知る様々な人々に会いに行くが、先々でその凄絶な過去を聞かされることになる。

そしてともに幸乃の幼なじみで弁護士の丹下翔(新井浩文)と再会するも次第に意見が合わなくなっていく。一方で近づいてくる死刑の時を淡々と待つ幸乃。

刑務官の佐渡山瞳(芳根京子)は、その姿になぜか惹かれ始めていた。

連続ドラマW

感想・その他

どうして慎一(妻夫木聡)は、ただの幼馴染で、以後ずっと交わりの無かった幸乃(竹内結子)が無実であると思ったのか。観ている最中、そこがずっと引っかかっていました。どちらかと言えば、同じ幼馴染で弁護士になった翔(新井浩文)の最初の考え(死刑からの減刑)と同じでした。私にも同じような感じの幼馴染がいましたが、その3倍ほど仲が良かったとしても無実だと思うことはできないでしょう。

そんな違和感を持ちつつ、ドラマは進行していきました。しかし、ドラマの最後で、この違和感はきれいに払拭されました。どうして慎一が幸乃が無実だと思ったのか…。

それにてもとても重たく、やるせない最後でした。幸乃は最後の瞬間、慎一たちと遊んだ子供の頃を思い出します。幸乃が幸せだった時は、この時だけだったのかもしれません。その後のあの「音」は、ちょっと切なすぎます。

一番の悪の根源は、余貴美子演じる幸乃の祖母。彼女が現れてから、幸せな家庭が崩壊していきます。それにしても余貴美子さん、あんな役をやらせたら、ぴか一ですね。

死刑判決の裁判所で、幸乃が傍聴席の慎一を見て微笑んだ理由。私の中では、それは最後まで謎でした。


連続ドラマW イノセント・デイズ [DVD]

コメント