連続ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてします』のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

テレビ連続ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてします』を再観ました。
TVerでの視聴です。

リアルタイムでも観てましたが、毎週月曜日を待ち焦がれるほど好きなドラマでした。ドラマの中に出てくる会話は、深くて優しくて切ないセリフばかりで、どれも私の心に残りました。とくに音と練のゆっくりとしたやさしい会話に、私はにやついたり涙したり…。ほんと何回でも観られるドラマです。

★★★★★

作品概要

脚本は坂元裕二。
演出は並木道子ほか。
プロデューサーは村瀬健。
製作はフジテレビドラマ制作センターです。
主演は有村架純、高良健吾、その他の出演者に高畑充希、西島隆弘、森川葵、坂口健太郎ほか。

2016年1月18日から3月21日まで毎週月曜日21時より、フジテレビで放送されたテレビドラマです。

作品の紹介・あらすじ

あらすじ
杉原音(22・有村架純)は、育ての親である老夫婦・林田雅彦、知恵夫妻のもと、北海道のさびれた町で暮らしていた。
林田は音を家政婦扱いし、寝たきりになった妻・知恵は、音の介護がなければ暮らせない状態だった。音は、「あきらめること」を教え込まれて生きてきたため、特に夢を見ることもなく、そんな状況をただただ受け入れて生きていた。
その頃、曽田練(25・高良健吾)は東京の運送会社で引っ越しの仕事に就いていた。福島で、畑を営む祖父に育てられた練は、人を疑うことを知らない。だまし取られた畑を買い戻すために働いていたが、運送会社でも先輩たちからはひどくこき使われ、へとへとになるまで働いていた。給料は安く、貯金などできないまま、古ぼけたアパートで苦しい生活を送っていた。練には木穂子(25・高畑充希)という恋人がいた。練の安アパートに日常的に泊まっていくような関係であり、何かとだまされがちで借金をつくる練に金を貸す。困惑しながらも練も拒絶することができないでいた。
ある日、練は、悪友の晴太(21・坂口健太郎)が、北海道で盗んだというカバンの中から、古ぼけた手紙を見つける。「音へ」と書かれたその手紙の内容を読んだ練は、この手紙は絶対に持ち主に返さなければならないと強く感じ、トラックを飛ばし北海道へと向かう。

第1話 失くした手紙が繋いだ奇跡…二人は出逢った
第2話 東京編スタート 都会の現実、募る想い…もう一度会いたい
第3話 突然のキス、幸せな1日
第4話 あなたを好きになりました
第5話 第一部・完結編 突然のさよなら…訪れた運命の日
第6話 衝撃の再会
第7話 明かされる真実 彼に何が起きたのか
第8話 好きです
第9話 決意のとき、別れの夜

filmarks

感想・その他

リアルタイムの時には気付かなかった出演者の面々に驚きました。今ではもうそれぞれが主役級の役者さんである永野芽郁や松本穂香、そして高橋一生に芳根京子なんかが出演していました。いや、それはもうとても豪華な面子のドラマと言えます。

男性陣では、高良健吾と坂口健太郎が好きなんです。とくに高良健吾はWOWOW版『マークスの山』からファンになっています。なぜから問われると答えに困りますが、彼の持つ雰囲気が好きなんだと思います。また、坂口健太郎も同じ理由ですね。あぁ、また『マークスの山』が観たくなってきました。

最後に脚本の坂元裕二さんの奥様って、女優の森口瑤子さんだって知っていますか。私は今知ってびっくりしました。森口瑤子さん、あんな美しい1966年生まれの人は、世界広しと言えども彼女だけだと私は思っております。


いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう DVD BOX

コメント