連続ドラマW『トクソウ』のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

WOWOWの連続ドラマ『トクソウ』を観ました。
全5話、Amazonプライムビデオでの視聴です。

続編を観たい、と思えるドラマでした。最後の終わり方も好みでした。ただ、主演の吉岡秀隆についてはこの役にはアンマッチだったのではないでしょうか。あのぼそぼそとしゃべるセリフは、数段ボリュームを上げないと何を言っているのかわかりませんでした。確かに演技は上手いんでしょうが、この役には合わないような気がしました。また、三浦友和演じる特捜部副部長・鬼塚の(悪い)政治家を目の敵にしていますが、それが「政治家に故郷がダムに沈められた」という子供染みた理由だったのはいただけない。

★★★★☆

作品概要

原作は由良秀之の「司法記者」(講談社刊)。
監督は河合勇人。
脚本は鈴木智。
主演は吉岡秀隆、共演には三浦友和、真飛聖、吉沢悠、でんでん他。
2014年秋にWOWOWで放送されました。

作品の紹介・あらすじ

これまで秘密のベールに包まれていた捜査機関「特捜検察」を描く社会派サスペンス。舞台は日本最強の捜査機関といわれる特捜検察。1976年のロッキード事件、1988年のリクルート事件といった大規模な汚職事件を摘発し、世界にも類がないほど権力が集中する組織といわれているが、近年、数々の冤罪事件や証拠改ざん、虚偽報告書作成など、信じがたい事件が次々と明らかになっている。
検察組織の論理、検事の葛藤、検察とメディアの関係など、決して公にされることのなかった検察庁内部の知られざる実態が、圧倒的な臨場感と迫力で描かれた、まったく新しい「検察小説」を映像化。権力闘争に明け暮れる特捜部、そして日本特有の構造である司法記者クラブの中で、それぞれが果たす“正義”や“使命”とは何なのか?今、日本の検察とマスコミの腐敗した「偽りの正義」が、暴走していく。
独自の捜査と信念の下、正義を貫いていく特捜検事役に吉岡秀隆、圧倒的なカリスマ性と統率力で特捜部の象徴として君臨する副部長役に三浦友和、そして特捜部に日夜取材攻撃を仕掛ける司法記者役を元宝塚花組トップスターの真飛聖が演じる。監督にはTVドラマ「鈴木先生」(’11)で第49回ギャラクシー賞優秀賞を受賞し高い評価を得ている河合勇人・滝本憲吾。脚本には映画『金融腐食列島〔呪縛〕』(’99)で日本アカデミー賞優秀脚本賞、映画『誰も守ってくれない』(’09)でモントリオール世界映画祭最優秀脚本賞を受賞した鈴木智と、豪華キャスト・スタッフが集結。
地検特捜部によるゼネコン汚職事件の捜査と、やがて発生する不可解な殺人事件、2つの事件が交わるとき、日本の司法の闇が浮かび上がる―。

あらすじ
最強の捜査機関といわれる特捜検察。地検から異動となった検事・織田俊哉(吉岡秀隆)は、特捜部副部長・鬼塚剛(三浦友和)が指揮する直告班に配属となり、大日本建設と県知事の贈収賄事件を担当することに。大日本建設の一斉捜査で贈賄を示唆するメモを発見した鬼塚は、決定的な証拠がないまま、事件のシナリオを作ろうとする。一方、鬼塚の捜査に疑問を抱く織田は独自捜査から、ある下請け業者にたどり着くが……。
連続ドラマW

感想・その他

やり手の司法記者役で、元宝塚花組の真飛聖さんが出演しています。「まとぶせい」さんと言うそうです。顔は見たことあるような、ないような。もちろん名前なんかも全然知りませんでした。見れば見るほどだんだんと美しく見えてくる女優さんで、結構好きになりました。天海祐希さんとは言いませんが、真矢ミキさんくらいの活躍を期待したいです。

原作の由良秀之さんは、東大卒の元・東京地検特捜部という経歴のお方です。そう考えると、このドラマで出てくる「決定的な証拠がないまま、事件のシナリオを作ろうとする」なども、あながち作り話だとは言い切れないかもしれません。私が特捜に狙われることは万が一つもないでしょうが、警察ならあるかもしれませんね、痴漢に間違われるとか。無実なのに犯人に仕立てあげられる冤罪、いや本当に恐ろしいことです。


連続ドラマW トクソウ

コメント